最適なプロモーション動画の掲載先とは?活用事例もご紹介! | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog最適なプロモーション動画の掲載先とは?活用事例もご紹介!

動画を通じて宣伝活用を行うプロモーション動画を活用する企業が増えてきています。言葉だけでは伝えられない商品やサービスのイメージを実写やアニメーション、CGなどを活用して伝えられるメリットがあります。

短い時間でも多くの情報を伝えられ、記憶にも残りやすいので活用したいと考える企業も多いでしょう。しかし、どういったツールを活用して動画を発信すればいいのか、どういった動画を制作すればいいのかと迷ってしまうものです。

そこで今回は、プロモーション動画を掲載するツールや活用事例をご紹介していきます。視聴者により魅力あるプロモーション動画を視聴してもらい、商品やサービスを知ってもらいたいと考えている企業はぜひ参考にしてください。

プロモーション動画の活用事例をご紹介

まずは、どういったコンテンツを制作すればいいのか判断するためにも、プロモーション動画の活用事例をご紹介していきます。

啓蒙活動にも活用できる

正しい知識を人々に与えて合理的な考え方ができるように導く活動を啓蒙活動と言います。新聞や広告、パンフレットなどで知識を広めることもできますが、文字を読む作業が面倒に感じる人も多く、多く広めたいと考えている場合は難しいケースもあります。

しかし、動画を活用すれば物事の必要性や重要性をわかりやすく教えられます。記憶にもつながるので動画は高い効果となるでしょう。アニメであればよりわかりやすい動画になり、年代を問わずアピールできます。

ゲームをよりわかりやすく紹介する

ゲームは紙媒体だけでは魅力を全て伝えられません。よりわかりやすく紹介したいなら動画がおすすめです。ゲームの映像だけでは単調になりやすいですが、人物を活用して実際にプレイしている表情などを見せれば、ゲームの楽しさもより伝えられます。

ゲームの世界観を広めたい、臨場感のある映像を広めたいなら、プロモーション動画をぜひ活用してみてください。

信頼獲得につなげる

食品会社であれば、売上を伸ばすためにもお客様の信頼を得ることが何よりも大切です。信頼性のある企業だと認識されるためには品質の良さをアピールするといった方法があります。しかし、現代の日本であれば粗悪品は多くないと判断できるため、他社との差別化を図るのは難しいケースもあります。

そんな時には、動画を活用して商品の製造過程を発信するのもおすすめです。どういった環境で製造されているのか、丁寧な作りや環境の良さをアピールできれば信頼獲得につながります。熱心に仕事をしている従業員を見せれば、好印象も与えられます。

採用活動で活用する

プロモーション動画を採用活動で利用する企業も増えています。企業のオフィス内や工場内で働く従業員の様子を撮影するとリアルな職場の雰囲気を伝えられます。

実際に働いている従業員のインタビュー動画を活用し、どういった思いで仕事をしているのか、環境や待遇面を聞いて発信すれば、就活生にとって有益な情報となり「働いてみたい」と思ってもらえるきっかけを作れます。

また、会社説明会をオンラインで行う企業も増えています。遠方に住んでいるから足を運ぶことが難しい、時間の制限があって参加が難しいといった転職者や就活生でも気軽に参加できるメリットを提供できるので、より多くの人に参加してもらえるでしょう。

プロモーション動画を掲載するツール

魅力ある動画を制作しても、どこに掲載すればいいのか悩んでいる企業もあるはずです。プロモーション動画を視聴してもらうためのツールは色々とあります。自社にとって有効活用できるツールが何か知るためにも、それぞれの特徴を解説していきます。

Facebook

Facebookの月間アクティブユーザーは2022年4月時点で29億人を超えています。そのため、世界中の人々に向けてプロモーション動画を発信したい企業にとってはおすすめのツールです。

20代から40代のユーザーが多く、SNSの中でも年齢層が高めです。原則として実名で登録を行うので、ユーザーの信頼度が高いことも特徴のひとつとなり、多くの企業でプロモーションが行われています。

ユーザーが「いいね」をした投稿は、友だちに通知される仕組みがあるので拡散されやすいのが魅力です。

YouTube

YouTubeチャンネルを作成すれば、制作した動画を掲載できます。低コストで発信できるほか、定期的に更新すれば企業やサービス、商品の認知度をアップさせる魅力を持っています。

視聴者が直接コメントを書き込めるサービスもあるので、企業やサービス、商品のファンと交流することも可能です。しかし、YouTubeは毎日のように多くの動画が更新されています。埋もれてしまう懸念もあるので、SNSを活用しながら動画をPRするのをおすすめします。

LINE

連絡手段として活用している人も多いLINEは、日本国内に多くのユーザーがいます。2022年3月時点での国内月間アクティブユーザーは9,200万人以上で人口の約70%が利用していると公式からも発表されています。

国内をメインに企業やサービス、商品を発信したい時に便利なツールでしょう。プロモーション動画を掲載する方法は2種類あり、「企業アカウントを活用して発信」、「LINE動画広告を活用して発信」があります。

LINE動画広告であれば、タイムラインやLINEニュース、LINEマンガなど、配信先がたくさんあるので、新規ユーザーを獲得しやすいメリットがあります。

Instagram

10代から20代にかけて若い女性ユーザーが多いInstagramでも、プロモーション動画を配信できます。女性をターゲットに絞り込んで商品やサービスを知ってもらいたいと考えている企業に向いているツールです。

オシャレな写真や動画を制作できれば、より注目されるでしょう。Instagramショッピング機能を活用し、投稿する写真や動画にショッピングタグを付ければ、商品詳細を見て興味を持った人々から購入してもらえる可能性もあります。

有効に活用すれば売上アップや顧客率アップを見込めるでしょう。

TikTok

2020年4月にApp StoreとGoogle Playのダウンロード数が20億回を達成しているTikTokは、若年層を中心に支持を集めています。アップできるコンテンツは15秒~60秒と短いですが、その中で若者に注目されるプロモーション動画を作成できれば多くの話題を集められるでしょう。拡散すればよりたくさんの人たちに商品やサービスについて知ってもらえます。

WEBサイト

企業自身のWEBサイトに動画を埋め込むことも可能です。企業について興味を持っている人たちに絞って動画を発信できる魅力を持っていますが、WEBサイトの集客力がなければプロモーションとしては成り立ちません。まずは自社を知ってもらう、SNSを活用して自社をアピールするところから始めていきましょう。

この他にも、街頭ビジョンやラッピングカー、デジタルサイネージやタクシーなど、動画を掲載できるツールは複数あります。使いやすいもの、誰をターゲットにするかなど、しっかりと考えた上で掲載するツールを選びましょう。

まとめ

文字や画像だけではなく映像で多くの情報を伝えられるプロモーション動画には多くのメリットがあります。FacebookやInstagramなどのツールを活用して発信でき、ターゲットを絞りながら多くの人に企業やサービス、商品を知ってもらえるでしょう。

自身の企業でも取り入れてみたいのであれば、上記を参考にしながら魅力ある動画を制作してみましょう。GJCにご相談いただければ、専門的な知識を活用して最適なプロモーション動画作りのお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact