2022年の動画トレンド「動画コマース・ライブコマース」 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog2022年の動画トレンド「動画コマース・ライブコマース」

近年、動画市場が注目されています。ITを駆使したマーケティング活動が一般化してきたことで、自身の企業でもWEBサイトやブログ、SNSなどを通じて顧客の獲得やファンを増やそうと努力している方もいるはずです。中でも動画を活用したマーケティングは参入障壁が低く、拡散もされやすいことから注目を浴びています。

そこで、近年話題となっている動画コマースやライブコマースについてご紹介していきます。動画を活用して自身の企業や製品を広めたいと考えている方は参考にしてください。

動画市場が注目されている理由

成長を続けている動画市場が、なぜこんなにも注目を浴びているのか解説していきます。

多くの情報を伝えられる

動画は静止画と違い、より多くの情報を顧客に伝えられます。それに加えて観た人の印象にも残りやすいので、購入や集客につながりやすくなるのです。

目だけではなく耳からも情報を受け取れる

静止画を活用した宣伝では、目だけでしか情報を受け取れません。しかし、動画は音声も用いられるので耳からも情報を受け取れます。人間は、情報を視覚87%、聴覚7%で受け取ると言われています。そのため、聴覚にも訴えかけられる動画はより印象に残りやすいです。

動画市場が拡大した理由

メリットの多い動画市場が拡大した理由は以下の通りです。

スマホの普及

動画市場が注目を浴び、大きく成長を遂げている理由のひとつにスマホの普及が挙げられます。これまで、パソコンを活用することでしか見られなかった動画がスマホを持つことで自宅にいる時だけではなく、移動中にも観られるようになりました。手軽に誰もが視聴できるので、動画市場も伸び続けていると考えられます。

5Gの始動

これまで、携帯電話で用いられてきた通信速度は4Gが一般的でした。4Gだと通信速度は50Mbps~1Gbpsとなり、動画もストレスなく視聴できます。

しかし、2020年から5Gのサービスが本格的にスタートしたおかげで、最大通信速度が20Gbpsとなりました。4Gの最大速度の20倍となり、大容量の動画でも遅延なく視聴でき、高解像度のストリーミング再生もスムーズに行えます。そのため、動画視聴がよりしやすくなる時代へと変化したのです。

広告以外にも使われるようになった

これまでとは違うシーンで動画が活用されるようになりました。製品を広めようと広告紹介として利用されるだけではなく、企業のビジネスにおいても利用されています。例えば、採用活動での動画の活用です。

近年、オンラインでの採用活動の実施も珍しくありません。どういった人材が欲しいのか、ただ字を連ねて紹介されるより、動画で様々な情報を紹介した方が観る者の心を惹きつけます。

その結果、応募が増えるだけではなく、ミスマッチの低下や離職率の低下も防げるでしょう。その他にも、営業資料を動画化することで、営業マンのスキルに関わらずクオリティの高いプレゼンテーションが行えるようになります。成約率の安定化や商談時間の短縮といったメリットが得られるので、活用する企業も増えてきています。

動画コマース・ライブコマースを活用しよう!

注目されている動画市場に参入しようと考えても、どういった方法を取り入れれば良いのか悩んでいる人もいるはずです。そこで、2022年のトレンドとも言われている動画コマースとライブコマースについて解説していきます。

動画コマースとは

動画コマースは、動画を観たまま商品を購入できるシステムです。商品についての細かな情報を得ながら買い物ができるので、商品の購入後のイメージがしやすく販売拡大を狙えます。

ライブコマースとは

ライブコマースは、ライブ配信をしながら商品の購入を促すオンライン販売です。動画コマースとは違い、リアルタイムで配信される動画なので、配信者と視聴者がコミュニケーションを取りながら買い物ができる新しい形のショッピングです。

動画コマースやライブコマースを取り入れるメリット

動画コマースやライブコマースが注目を集めている理由を知るためにも、それぞれのメリットをご紹介します。

動画コマースのメリット①ECサイトへ飛ばす必要はない

通常のECサイトでは、動画を一旦停止してからサイトに移動をして商品を購入する流れでした。しかし、動画コマースではECサイトに動画を埋め込めるので動画をクリックしただけで商品の購入ができます。ステップを省略できるので、面倒な手間がありません。

動画コマースのメリット②商品をより詳しく紹介できる

静止画とは違うので、より多くの情報を動画で発信できます。特に説明動画は動画コマースに向いています。組み立て式の商品を紹介する際に、実際に組み立てている様子を動画で撮影すれば、「作り方がわからない」などの問い合わせも減らせ、購入したユーザーも組み立てがしやすくなります。

少し難しい部分があれば、スローモーション編集を施すことでよりわかりやすい説明も可能です。

動画コマースのメリット③シェアされやすい

動画コマースは動画がシェアされやすいです。面白い動画や綺麗な動画、知識になる動画など、視聴者の心を掴めればシェアをされ、より多くの人たちに拡散されます。

その結果、多くのユーザーを獲得でき、購入率のアップも目指せるでしょう。ライブコマースはその場の雰囲気を楽しむ人が多いので、シェアによる情報拡散を狙いたいなら動画コマースの方がおすすめです。

ライブコマースのメリット①多くのツールでライブ配信が行える

ライブコマースは、若い世代を中心に注目されています。その要因は、ライブ配信自体が注目されているからです。イチナナライブやSHOPROOMといったライブ配信専用のプラットフォームだけではなく、FacebookやInstagramといった多くの人に活用されているSNSでもライブ配信機能が追加されています。

それに合わせてショッピングもできるライブコマースは注目されているので、若い世代のユーザーに商品を知ってもらいたい場合は、大いに活用してみましょう。

ライブコマースのメリット②コミュニケーションが可能

ライブコマースの最大のメリットが、視聴者とコミュニケーションを取れる点です。動画コマースでは、商品の紹介しかできませんが、ライブコマースであれば、実際に視聴している人たちからの疑問にすぐに答えられます。

悩みや不安を解消できれば、すぐに購入につながるケースもあるので魅力が高いでしょう。インフルエンサーによる配信も行えるので、注目を集めているインフルエンサーであれば、より多くのユーザーにライブコマースを視聴してもらえ、商品にも興味を持ってもらえます。

デメリットも踏まえて活用しよう

メリットの多い動画コマースやライブコマースですが、それぞれにデメリットも存在します。それを踏まえて正しく活用しましょう。

例えば、ライブコマースは配信時間が決まっています。定められた時間のみしか視聴できないので、その時間に予定がある人は視聴できません。時間の縛りがない視聴を促したいなら動画コマースをおすすめします。

また、動画コマースにもライブコマースでも言えることですが、配信者の顔が見えるのでトラブルにつながってしまうケースもあります。特にライブコマースだと生配信なので配信中に問題が起これば炎上にもつながり、企業や商品のイメージダウンにもつながります。コメントの監視を行うといった炎上対策も必要になるので、あらかじめ対策を考えておきましょう。

まとめ

2022年のトレンドとして注目を集めている動画コマースやライブコマースについて解説してきました。動画市場が伸びてきている昨今では、企業の紹介や商品の紹介を動画でアピールする企業が増えてきています。より具体的な商品の情報を発信できるので、購入意欲を高められる利点があります。

動画制作に関しては、GJCでも制作のお手伝いをさせていただきます。効果的な動画で注目を集められるよう制作していくので、商品やサービスをより多くの人たちに知ってもらいたいのであれば、GJCまでご相談ください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact