2022年の動画トレンド「Youtubeショート動画」 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog2022年の動画トレンド「Youtubeショート動画」

Youtubeショートは2020年9月からYouTubeに新しく追加された機能です。この機能は、YouTubeチャンネルを持つ企業にとって有益なものですが、役割やメリットを理解していない人も多く見られます。

せっかくYouTubeチャンネルを運用しているなら有効活用するためにもYoutubeショート動画について理解を深めていきましょう。今回はYoutubeショート動画の特徴や導入によるメリット、作成する時のコツをご紹介していきます。

そもそもYoutubeショート動画とは?

Youtubeショート動画は、スキップや無視されることがないという理由から注目が集まっています。視聴者数は月間で15億人を超えているため、多くの人の目に自社製品やサービスが触れる絶好のチャンスになり得るでしょう。まずは、そんなYoutubeショート動画がどのようなものか、TikTokやInstagramのリールと比較しながら解説していきます。

Youtubeショート動画の特徴

Youtubeショート動画は、60秒までの動画を投稿できるサービスです。従来のYouTube動画は横画面表示の動画がメインですが、YouTubeショート動画の場合は縦画面が前提となっています。スマートフォンなら全画面表示で再生することも可能です。

スクロールすると次の動画へ切り替えられるため、興味がない動画からすぐ離脱することもできます。編集も簡単で、動画投稿も負担に感じにくいです。

TikTokとの違い

TikTokは、最大3分までの縦画面動画を視聴できるアプリです。YouTubeショートとの異なるのは、アプリの動線や利用しているユーザー層です。

TikTokは、アプリを立ち上げるとフルスクリーンで動画が表示され、気に入ったらフォローしたり、SNSアカウントへと移ったりします。一方でYouTubeショートは、ショートタブを開かないと動画が再生されず、興味を持った人もすぐに登録することはありません。チャンネル内の他の動画をチェックし、気に入った場合にチャンネル登録へ到達します。

ユーザー層は、TikTokだと10代~20代の若年層がメインです。YouTubeだと幅広い年代に利用されています。特定の年代ではなく網羅的に宣伝したいなら、YouTubeショートの方がおすすめです。

Instagramのリールとの違い

Instagramは、フォロワーの投稿を見るためにアプリを開くケースが多いです。また、ハッシュタグで面白そうな投稿がないかチェックする人もいます。

後者であれば、リールをチェックして興味を持ってくれる可能性もあります。しかし、フォロワーの投稿だけ見るといった使い方をする人もいるので、YouTubeショートの方が効果的となる場面も多いでしょう。

Instagramのユーザーは、TikTokと同じく若年層です。そのため、40代や50代など年代が上の層をターゲットにしている場合は、想定したような効果を感じられない恐れもあります。

Youtubeショート動画の導入で企業にはどのようなメリットが?

YouTubeで情報を発信している企業の中には、ショート動画を有効活用しているところもあります。続いては、企業がYoutubeショート動画を導入することで期待できるメリットを解説していきましょう。

幅広い層にアプローチができる

YouTubeは、前述したように幅広い層が利用しています。総務省が発表した「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の結果からもそれは明らかになっています。年齢や性別の関係なく、幅広く商品やサービスをアピールしたいなら、YouTubeは絶好のツールだと言えるのです。

様々な商材のマーケティングと相性が良いことも後押しになっています。TikTok やIstagramのリールなど短い尺の動画に慣れ親しんでいる層からも受け入れてもらいやすいです。

コストを抑えられる

Youtubeショート動画は、コストを抑えて作成できることもメリットとして挙げられます。スマホがあれば誰でも手軽に作成できるので、専門的な知識がなくても問題ありません。動画の撮影から編集、そして投稿までスマホ1台で完結するからです。

またYoutubeショート動画は、60秒以内と非常に短いです。撮影や編集にかかる時間も最小限で済みます。動画の数を増やせばユーザーの目に触れる機会も増え、商品やサービスの認知度が自然と高まっていくので、費用対効果も高い方法です。

パーソナライズが表示される

Youtubeショートでは、Googleのアルゴリズムを活用しています。一人ひとりの興味・関心に合わせたパーソナライズが表示されるのです。例えば、金融系のショート動画を視聴している人には同じく金融系やビジネス系の動画が表示されます。

そのため、提供している商品やサービスに興味がありそうなユーザーに出会える機会が増えるのです。これも、YouTubeショート動画を活用する企業が享受できる大きなメリットです。

チャンネルの登録者数増加につながる

尺が短い動画は、拘束時間も必然的に短くなるので視聴のハードルも低くなります。通常の動画より見てもらえる可能性も高まるということになります。チャンネル登録者数や再生数に関係なく、見てもらえるのも活用するメリットです。

チャンネルを立ち上げたばかりのタイミングでも露出の機会が増えることから、チャンネル登録者数を増やすためのきっかけになります。認知度の向上やチャンネル登録から、商品やサービスの購入・利用を促進することにもつながります。

Youtubeショート動画を作成する時のコツ

Youtubeショート動画を活用し、商品やサービスの認知度を向上させたいのであれば、押さえておきたいコツがあります。最後は、Youtubeショート動画を有効活用するために役立つ作成時のコツをご紹介します。

視聴者を引き付けるために冒頭が重要

Youtubeショート動画で視聴回数が増えやすいのは、冒頭部分で視聴者を引き付けられるかどうかが重要になります。冒頭で興味・関心を持ってもらえなければ、別の動画へと移ってしまう可能性が高いです。60秒という短い時間ですが、最後まで見てもらうためには冒頭部分で興味を持ってもらえるような構成にしましょう。

印象的なオープニングを作成する、対象とするユーザーの呼びかけるような導入部分を入れ込む、などの工夫を凝らすのがおすすめです。「就職活動している皆さん」や「子育てを頑張っているお父さん、お母さん」、「受験に向けて頑張っている皆さん」など、それぞれの企業がターゲットとしている層に適した呼びかけをするのがポイントになります。ターゲットが明確になっていれば、幅広い層が利用するYouTubeの中でアプローチしやすくなるからです。

伝えたいメッセージを明確にする

Youtubeショート動画は、60秒という非常に短い制約があります。通常の動画では伝えたいことを詳しく解説できますが、ショート動画の場合は端的にまとめなければいけません。短い時間でも視聴者に伝えたいメッセージが伝わるようにするには、動画制作時に伝えたいことを明確にしておくことが重要です。

趣旨が伝わりやすいのは、1つの動画で1つのメッセージを伝えているものです。一言でメッセージが伝わるような動画になっていれば、Youtubeショート動画の効果も感じやすくなります。

リズムやテンポの良さを意識する

リズムやテンポの良さを意識することも、YouTubeショート動画を作成する際のコツになります。リズムやテンポが良くない動画は、見ている人も魅力的だと感じにくくなるのです。視聴を継続してもらえず、別の動画に移行してしまう可能性も高くなります。

視聴者が見ていてつまらないと感じないように、余計な部分はカットするなどの工夫が必要です。工夫が凝らされていると何度も見返したくなったり、「このチャンネルにアップされている他の動画も見てみたい」と思ってもらえたりします。

まとめ

YouTubeショート動画は、TikTokやInstagramのリールのように尺が短い動画を投稿できます。TikTokやInstagramと比べるとYouTubeは、ユーザーの層が幅広いため、より多くの人にアプローチできるのが大きなメリットです。

YouTubeショート動画に投稿する動画は簡単に作成できますが、どのようにすればいいのかわからないというケースもあるでしょう。そのような場合は、ぜひGJCまでご相談ください。効果的な動画制作をサポートさせていただきます。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact