ブログ

愛媛県での動画・映像制作

愛媛県といえば、みかんの産地として有名です。愛媛県には、みかんだけではない魅力もたっぷりと詰まっています。
たくさんある名所や旧跡はもちろんですが、楽しい観光スポットもあります。

また、愛媛県には豊かな自然も残されています。
別子銅山やせと風の丘パークのように、人工物と自然が織りなす美しい景観を楽しめるスポットもあるので、様々な観点から魅力を伝えられるでしょう。
もちろん、このようなスポットでロケをすることで、素晴らしい作品を残せます。

今回は、様々な魅力が詰まっている愛媛県で動画制作や映像制作を行う際のロケ地をご紹介しましょう。
愛媛県ならではの魅力を撮影することができ、多くの人に愛媛県のさらなる魅力を知ってもらうためのヒントになれば幸いです。

■大山祇神社

大山祇神社は、日本総鎮守と呼ばれている神社で、日本全国におよそ1万社の分社を持ちます。
境内には、樹齢およそ2600年の大楠がご神木として鎮座しています。
また、神社内にある楠群は日本最古の原生林で、国の天然記念物です。

大山祇神社には、紫陽殿と国宝館、海事博物館という3つの宝物館があります。
紫陽殿にはたくさんの武具が展示されていて、国宝館では女性が参拝した時に奉納されたと言われている可愛らしい和鏡が展示されているので、紫陽殿と国宝館では異なる楽しみ方ができるでしょう。
また海事博物館には、昭和天皇の著書など貴重な品々が展示されているので、こちらも必見です。

愛媛県内には、多数の寺社仏閣がありますが、大山祇神社は特に見てもらいたい神社です。
愛媛県内の寺社仏閣を紹介する動画制作や映像制作を行う際のロケ地にいかがでしょうか?ただし、神社は神聖な場所なので事前に撮影の可否などを確認しておかなければいけません。

■大三島ふるさと憩いの家

大三島ふるさと憩いの家は、昭和61年に廃校になった旧宗方小学校の校舎をリノベーションした宿泊施設です。
当時使われていた教室を区切って畳敷きの客室にしたり、シャワールームや浴室は作られたりしていますが、それ以外は当時のままになっています。
長い廊下や木造校舎の温もりがある雰囲気が残されているので、どこか懐かしい気持ちになれるでしょう。

大三島ふるさと憩いの家がある大三島は、今治市としまなみ街道でつながっているのでアクセスもしやすくなっています。
大三島ふるさと憩いの家のような宿泊できる学校は全国各地にありますが、団体利用のみ可能な場所も多いのです。
しかし大三島ふるさと憩いの家の場合は、2名用の個室から大人数で宿泊できる大部屋まであるので、宿泊人数に応じた部屋に泊まれます。

そんな大三島ふるさと憩いの家は、後者のすぐ目の前が海になっているので、すぐに海水浴を楽しめます。
海には、たくさんの魚が泳いでいるので釣りをする宿泊客の姿も見かけます。
愛媛県にはこのような魅力的な宿泊施設もあるので、ぜひロケを行ってみてください。

■えひめ果実倶楽部みかんの木

えひめ果実倶楽部みかんの木は、愛媛の特産品であるみかんを使用した商品を取り扱っているお店です。
えひめ果実倶楽部みかんの木で味わえるいよかんジェラートは、このお店のオリジナル商品なので、ぜひ味わっていただきたいです。
その他にも、PONジュースを使ったみかんソフトクリームも非常に美味しいおすすめ商品となっています。

えひめ果実倶楽部みかんの木は道後温泉からも程近い場所にあるので、温泉でゆったりと過ごした後においしいいよかんジェラートやみかんソフトクリームを楽しめます。
いよかんジェラートやみかんソフトクリームは、本場・愛媛ならではの味を楽しめるので、観光の途中に立ち寄って癒されてみてください。
その美味しさに感動することでしょう。

愛媛県には、美味しいグルメやスイーツもたくさんあります。その中でも、みかんを使ったグルメやスイーツは必見です。
愛媛県のグルメやスイーツを紹介する際には、えひめ果実倶楽部みかんの木のいよかんジェラートやみかんソフトクリームも動画・映像に取り上げてみると良いでしょう。

■別子銅山

別子銅山は、江戸時代から昭和までのおよそ400年も続いた世界屈指の銅山です。
別子銅山の周囲には、かつて約1万人が暮らす村が築かれていて、病院や学校などもありました。
しかし、別子銅山の閉山をきっかけに風化が進み、今では大自然の中に残された近代産業遺産になっています。

そんな別子銅山は、山頂にある東洋のマチュピチュと呼ばれている東平と麓にあるマイントピア別子端出場の2つのゾーンに分けられています。
映画の世界に迷い込むような体験をしたいのであれば、東洋のマチュピチュと呼ばれている東平がおすすめです。
マイントピア別子端出場は、遊んで学べるテーマパークなので、子どもから大人まで楽しめるでしょう。

愛媛県には、別子銅山のような場所もあります。
愛媛県の歴史を伝えるためには欠かすことができない場所なので、愛媛県の歴史に関する動画制作や映像制作をする場合は、ぜひ取り上げてみてください。
ただし、貴重な場所なので、管理者に撮影許可を取る必要があります。

■愛媛県総合科学博物館

愛媛県総合科学博物館には、自然館と科学技術館、産業館という3つの博物館があります。
その他にも、世界最大級のプラネタリウムも併設しているので、1日をいても遊びつくせないくらい充実した施設になっています。
全国に数ある科学博物館の中でも、特にリピーターが多いので、愛媛観光の際には見逃せないでしょう。

そんな愛媛県総合科学博物館で最も目玉になっているのは、自然館のメイン展示である実物大のティラノサウルスです。
リアルな見た目や鳴き声、そして動きをするので小さい子どもはびっくりして泣いてしまうこともあるほどです。
その他にも、宇宙の仕組みを知れる展示や愛媛の自然に関する展示もあるので、見どころがたくさんある博物館だと言えるでしょう。

そして、愛媛県総合科学博物館に行ったら絶対に見てほしいのが世界最大級のプラネタリウムです。
全天周デジタル映像投影システムを導入しているので、とても迫力のある映像を楽しめます。
愛媛県総合科学博物館では、様々な楽しみ方ができるので、愛媛県の家族で楽しめるスポットを紹介する動画制作や映像制作をする場合には、愛媛県総合科学博物館でのロケもおすすめです。

■せと風の丘パーク

せと風の丘パークは、佐田岬の真ん中の小高い丘にあります。
メロディーラインで有名な197号線から少し入ったところにあるのですが、看板を見落とさないようにすればたどり着けます。
せと風の丘パークからは、権現山から見晴山まで見渡せるので、尾根に連なっている風車を遠くまで見渡せるのです。

せと風の丘パークの展望デッキからは、南側と北側両方に海が見えます。
佐田岬は、日本一細長い岬なのでそのような光景が見られます。
せと風の丘パークの展望デッキは、風車を間近で見られる場所にあり、風車が回る音まで聞こえてきます。

佐田岬は、ドライブコースとしても人気が高いので、ドライブがてらせと風の丘パークに寄ってみるのも良いでしょう。
青空と山々の緑も美しいのですが、夕日やマジックアワーの時間帯には昼間とは一味違う光景が広がります。
愛媛県の美しい自然と人工的な風車が作り出す光景はせと風の丘パークならではなので、愛媛県の魅力をアピールする動画制作や映像制作をする際には、ぜひロケを行ってみてください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>