ブログ

福井県福井市での動画・映像制作

福井県福井市は、古くから城下町として栄えていました。
現在もその当時の雰囲気を残すエリアもあり、多くの観光客が足を運んでいます。
また、2014年には国民の幸福度総合評価No.1に輝くなど、暮らしやすさにも定評があるのです。

そんな福井県福井市には素晴らしい景観のスポットが多数あり、動画制作や映像制作のロケーションにも最適です。
そこで今回は、福井市のおすすめロケ地をご紹介します。

■一乗谷朝倉氏遺跡

一乗谷朝倉氏遺跡は、戦国時代に築かれた城下町の跡地です。
国の特別史跡や特別名勝に指定されていて、一乗谷朝倉氏遺跡から出土したものは国の重要文化財に指定されています。
館跡礎石や唐門、南陽寺跡などが見つかっている一乗谷朝倉氏遺跡では、かつて武家屋敷があった街並みを復元されているので非常に見応えがあります。

一乗谷朝倉氏遺跡で特に見ておきたい場所は庭園です。遺跡内にある4つの庭園(朝倉館跡庭園、湯殿跡庭園、諏訪館跡庭園、南陽寺跡庭園)は特別名勝に指定されています。
これらの庭園は、それぞれに違った特徴があるため、見ていて飽きることもなく、楽しむことができるでしょう。

そんな一乗谷朝倉氏遺跡では、福井市の歴史に関する動画制作・映像制作のロケを行うことができるでしょう。
当時の武家屋敷などの街並みも復元されているため、どのような暮らしだったのかを知ることもできるので、今までとは違う視点から歴史を紐解くことができるはずです。

■福井城址

福井城址は、かつて68万石を領していた結城秀康の築城があった場所です。
越前松平家が繁栄した場所でもあり、非常に歴史のあるお城なのです。
かつては四層五重の大きな天守閣や三重の堀を持つ非常に立派なお城だったとも言われています。

現在は、福井城址として石垣と堀が一部残されています。
福井という地名は、福井城にあった「福の井」と呼ばれていた井戸が由来になっているそうですが、その井戸跡も残されているので、興味がある人は足を運んでみると良いでしょう。
またその井戸には、お城の外へつながっている抜け道があるという言い伝えもあります。

福井城址には福井県庁が建っていますが、周辺には歴史的に重要なものが多数残されています。
そのため、福井城址も福井市の歴史などを取り上げる動画制作・映像制作のロケ地に起用することができるでしょう。
歴史を感じながら周囲を散策するのもきっと楽しいはずです。

■一乗滝

一乗滝は、佐々木小次郎がつばめ返しを生み出した場所として知られています。
また、奈良時代には修験道の僧である泰澄大師が滝水山浄教寺を建てた場所でもあるのです。
一乗滝は、1年を通して一定の水量を保っており、夏は避暑地として、秋は紅葉の名所として、多くの人を癒しています。

佐々木小次郎伝説の地でもある一乗滝には、佐々木小次郎の像も建てられています。
今でもなお、思いを込めながら剣を握っているようにも見えるでしょう。
一乗谷朝倉氏遺跡からもアクセスしやすい場所なので、福井の歴史を感じる旅をするのであれば、併せて足を運んでも良いでしょう。

そんな一乗滝の近くには、一乗滝小次郎の里ファミリーパークがあり、バーベキューやキャンプなどを楽しむことができます。
そのため、福井の歴史に関するロケだけではなく、家族で楽しめるスポットを紹介する動画制作・映像制作のロケ地にも最適な場所としておすすめです。

■足羽山公園

足羽山公園は足羽山自体が公園になっていて、桜や紫陽花が綺麗な公園だということで多くの人が足を運びます。
「桜の名所100選」に選ばれている桜は、3500本も植えられているので非常に見応えがあるでしょう。
また、1万4000株植えられている紫陽花も美しく見応えがあります。

園内には、フィールドアスレチックを楽しむことができるエリアやミニ動物園がある足羽山公園遊園地もあるため、子どもも楽しむことができるスポットです。
その他にも、橘曙覧記念文学館や古墳群、愛宕坂茶道美術館、自然史博物館などがあるので様々な楽しみ方ができます。家族連れはもちろんですが、大人だけで遊びに来ても楽しむことができるはずです。

そんな足羽山公園は、福井市で自然と触れ合うことができるスポットを紹介する動画制作・映像制作のロケ地、子どもと一緒に楽しめるスポットを紹介する動画制作・映像制作のロケ地などに最適です。
そのようなロケを考えている場合は、ぜひ検討してみてください。

■おさごえ民家園

おさごえ民家園は、江戸時代に建築された古民家5棟と板倉1棟を移築・復元し、展示している場所です。福井県を代表するこれらの古民家は、貴重なものなので福井旅行の際は、ぜひ足を運んでおきたい場所の1つとなっています。
かつて使われていた道具なども復元されているので、子どもの社会科見学などでも利用されています。

古民家の中には自由に入ることができるため、かつてどのような暮らしをしていたのかを知ることができるでしょう。
忠実に復元されているため、その時代にタイムスリップしたような感覚になるかもしれません。
また、事前に申し込みをすることでお茶会や展示会なども行うことができるので、興味がある方は問い合わせをしてみてください。

そんなおさごえ民家園は、憩いのスペース「カルチャーパーク」でのんびり過ごすこともできるので、昔の暮らしを感じながら、ゆったりとした時間を過ごしたい人にもおすすめできる場所です。
そのため、昔の暮らしを紹介する動画制作・映像制作やゆっくりと時間が流れるスポットを紹介する動画制作・映像制作のロケ地に活用してみましょう。

■道の駅 一乗谷あさくら水の駅

道の駅 一乗谷あさくら水の駅は、一乗谷朝倉氏遺跡の入口付近にある道の駅です。
直径4mの大きな三連水車が目印となっています。
打ちたてのおろしそばを味わうこともできるので、お昼時になると多くの人で賑わいます。

道の駅の敷地内には、芝生広場やビオトープがあり、ゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。
6月には、ビオトープを飛翔する蛍を見ることもできるので、癒されること間違いなしの道の駅なのです。
また、道の駅にあるふれあい情報館では、新鮮な野菜などの特産品の販売も行っています。

そして、道の駅 一乗谷あさくら水の駅の周辺では、糸桜まつりや越前朝倉「曲水の宴」、越前朝倉戦国まつり、越前朝倉万灯夜などのイベントも行われています。
それらのイベントを紹介する動画や映像の中で、道の駅 一乗谷あさくら水の駅の紹介をするのも良いでしょう。

■越前海岸の水仙

越前海岸には、水仙が群生しているエリアがあり、日本水仙三大群生地の1つに数えられています。
日本最大の面積を誇っている群生地では、満開になると非常に美しい光景を見ることができるのです。
越前海岸はとても雄々しい海岸線ですが、それと対照的な水仙が咲き誇る景色は、ぜひ1度は見ていただきたい光景です。

水仙が咲く越前岬周辺は、元々絶景として知られている場所ではありますが、水仙が咲く12月~1月の景色は格別です。天気の良い日には、青い空と白い水仙のコントラストが美しく、カメラを持って散策する人の姿も多く見られます。
この時期の福井を観光する際には欠かすことができないスポットでもあるので、気になる方は足を運んでみてください。

そんな越前海岸の水仙は、福井市内の絶景スポットを紹介する動画制作・映像制作を行う際にはぜひ取り上げてほしいスポットです。
福井の海沿いは、美しい景観がいくつもあるので、特集するのも良いでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>