ブログ

平塚での動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

平塚は、湘南エリアに位置する都市です。
神奈川県の中心部にある平塚市は特例市にも指定されています。
塚越古墳や季節の花を楽しむことができる神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン、ひらつかビーチパーク、平塚漁港の食堂など楽しむことができるスポットは多数あります。

今回は、そんな平塚市で動画制作や映像制作におすすめの撮影ロケーションをご紹介します。
平塚でロケ地を探している方はぜひ参考にしてみてください。

■旧横浜ゴム平塚製造所記念館

平塚市内の八幡山公園にあるのが旧横浜ゴム平塚製造所記念館です。
地元の人からは、「八幡山の洋館」という愛称で親しまれています。

かつては海軍の火薬倉庫や将校クラブなどとして使われてきましたが、1950年には横浜ゴムに払い下げられました。
その後、建物の老朽化など問題を抱えていたため横浜ゴムは平塚氏に建物の取り壊しを申し入れしました。
しかし、平塚市の意向により、建物の保存をするために横浜ゴムから平塚市に無償贈与され、国の登録有形文化財に登録されています。

平塚がどのような歴史を歩んできたのか知るためには重要なスポットになっているのが旧横浜ゴム平塚製造所記念館です。
平塚市の歴史などに関係するロケ地には最適と言えます。

現在旧横浜ゴム平塚製造所記念館は、一般公開されていて、入場料は無料になっています。
しかし、会議室を利用する場合は事前予約が必要で有料になっているので、問い合わせをするようにしましょう。

■平塚の塚

平塚という地名は、平塚の塚が由来になったと言われています。桓武天皇の孫である高見王の娘・平真砂子が急死してしまった時に、彼女を弔うために築かれたのがこの塚です。
築かれた当時は立派な塚だったそうですが、時間が経っていく中で塚が平たくなってしまったことから、その周辺の地域が「平塚」と呼ばれるようになりました。

平塚は、古くから栄えた都市であったため、平塚の塚など歴史的な史跡が残されているのです。
現在、平塚の塚周辺は「平塚の塚緑地」という名前の公園になっていて、地域の人からも愛されています。

平塚の塚の敷地内にある平塚の碑には、歴史などが綴られています。
そのため、平塚の由来や歴史を探るような旅番組などのロケ地としておすすめの場所と言えるでしょう。

■湘南ひらつかビーチパーク

湘南ひらつかビーチパークは、昭和のはじめくらいから海水浴場として地元の人々に愛されていた場所です。
しかし、海岸の浸食によって海底が急に深くなってしまうなどの危険性があったため、遊泳禁止になっている時期もありました。
しかし、現在は堤防が設置されたことによって、穏やかで遠浅の海に生まれ変わり、通年利用できるビーチになったのです。

湘南ひらつかビーチパークは夏になると海水浴場として開放されるだけではなく、1年を通して楽しむことができるビーチバレーなどができるコートやレストランなどが充実しています。
平塚観光には欠かすことができないスポットの一つです。

歴史的なスポットがたくさんある平塚市ですが、湘南ひらつかビーチパークのように若者が楽しめるスポットもあります。平塚の観光スポットを紹介する動画制作・映像制作のロケ地として候補に入れてみると良いでしょう。

■平塚八幡宮

神奈川県平塚市浅間町に鎮座している平塚八幡宮は、かつて鶴峯山八幡宮と呼ばれていました。
古くに起こった大きな自信を鎮めるために創建されたと言われています。

七五三やお宮参りをする人も多く、平塚市内有数のパワースポットとして知られています。
そんな平塚八幡宮では、8月15日の早朝には浜降祭という例大祭が行われ、平塚の砂浜を大神輿が練り歩きながら海へと入っていくのです。

また、毎年ぼんぼり祭りというお祭りも行われていて、幻想的な光景を見ることかできるので非常に人気が高くなっています。
個性的なぼんぼりに揺らめくろうそくの灯りに照らされる様子は必見なので、ぼんぼり祭りの時期に平塚観光をする際はぜひ足を運んでみてください。
平塚市内のパワースポットを紹介したり、個性的なお祭りを紹介したりする動画制作や映像制作のロケ地として平塚八幡宮はおすすめです。

■平塚市総合公園

平塚市総合公園は、平塚市の厨房部に位置している大型総合公園で、体育館や温水プール、ふれあい動物園などがあります。
その他にも、非常に見応えがある美しい日本庭園や子どもが遊べるアスレチック広場もあるため、家族連れで楽しむことができる公園です。

駐車場もとても広いため、車でも行きやすく、マイカーやレンタカーで移動する人にもおすすめできる公園といえるでしょう。
週末には様々なイベントも行われていて、平塚市内でちょっとしたアウトドアを楽しみたいという方は楽しめる場所となっています。

平塚市内で家族が楽しむことのできるスポットや平塚市内のイベント情報を発信するための動画制作・映像制作のロケ地として最適な場所なので、ロケ地選びで迷っている場合はぜひ平塚市総合公園も視野に入れてみてください。
素敵な映像を残すことができること間違いなしです。

■平塚美術館

平塚美術館は、様々な企画展示を行っていることで知られています。平塚駅から徒歩で20~30分程度の場所にあるため、平塚市内を散策しながら行くことができます。
駅から平塚美術館までの間には、平塚八幡宮や八幡山の洋館などがあるため、楽しみながら散策もできるでしょう。

そんな平塚美術館は、丁度良いくらいの開放感を感じることができる広さで、美術品だけではなく美しい庭も楽しむことができます。
美術品を堪能しながら癒されたいという方にはもってこいのスポットです。また、レストランも併設していて、健康的なスローフードを提供しているため、食にこだわっている方でも安心して食事をいただけます。

平塚市内の癒しスポットや美術鑑賞に最適なスポットを紹介する動画制作のロケ地として最適なのが平塚美術館です。
平塚美術館ならではの魅力を発信することで、平塚の魅力も伝えることができる動画や映像を制作することができるでしょう。

■神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン

神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデンは、四季折々の花を楽しむことができる植物園です。
92000平方メートルという広大な敷地の中には、コキアやコスモス、バラなど季節を彩る花々を鑑賞することができるエリアがあります。
その他にも、農業体験ができるエリアや食について学ぶことができるエリアもあるのでチェックしてみましょう。

美しい花々を鑑賞しながら自然について学ぶことができる神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデンは、子どもと一緒に楽しめること間違いなしのスポットです。
レストランや売店もあるため、1日を通して楽しむこともできます。
平塚の観光地を巡るなら欠かすことができないスポットの一つとなっています。家族で楽しみながら、食や農業、自然について学びたいという方は特に必見のスポットなので、家族で平塚を満喫したいという方を対象にした動画や映像制作のロケ地としておすすめと言えます。

■平塚漁港の食堂

平塚漁港の食堂は、テレビなどでも紹介されるほど知名度が高い食堂です。
地元の人にも愛されている平塚漁港の食堂は、鮮度の高い海産物を食べることができるということで人気が高まっています。

漁港の食堂という名前にはなっていますが、カフェのような雰囲気なのでカップルや女性のみのグループで来店する人も多いのが特徴です。
キッチンスペースがオープンになっているのも清潔感を高める要因となるので、人気の秘訣の一つなのかもしれません。
普段はなかなか口にすることができない魚を堪能することができるので、平塚の海の幸を紹介する動画制作や映像制作のロケ地に最適の場所と言えるはずです。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>