ブログ

ホテル・旅館のおすすめのプロモーション動画を紹介!海外旅行客や外国人にも伝えるには?

政府は2020年に開催される東京オリンピックまでに、訪日海外旅行客の数を4000万人に増やすことを目標としています。
日本に訪れる海外旅行客の数は年々増えており、東京オリンピックではより多くの外国人観光客が訪れると予想されるでしょう。
そうなると、ホテルや旅館といった宿泊施設の需要はより一層高まってきます。

海外旅行客の増加でホテル・旅館の競争が起きると予想されるので、ホテル・旅館業界では独自のプロモーションを展開し、外国人を呼び込もうとする動きが見られます。
その方法としてプロモーション動画を制作するホテルや旅館が増えてきました。
今回はホテルや旅館のプロモーション動画が注目されている理由や、外国人にも伝わりやすいPR動画の事例についてご紹介しましょう。

・求められているインバウンド対策

JNTO(日本政府観光局)の統計によれば、2018年の1年間で海外から日本に訪れた外国人観光客の数は3100万人以上となっています。
その前の年が約2800万人超えなので、海外旅行客の数が増えていることが分かります。
各業界は海外旅行客に対応できるように、インバウンド対策に取り組むところが増えてきました。

様々な対策方法がありますが、よく行われているのが多言語への対応です。接客のシーンでは英語や旅行客の母国語での対応、メニュー表なども英語表記を用意するお店が増えています。
また、多言語表示に対応したデジタル端末を用意し、観光地の案内やメニューのオーダーなどITを活用した対策も見られます。

海外観光客に向けたサービスは少しずつ増えていますが、各業界は外国人にそれをアピールしなければ、利用してもらえないので意味がありません。
訪日予定の外国人にサービスを利用してもらえるように、内容を分かりやすく伝えることも大事なインバウンド対策でしょう。

・2020年:東京オリンピックに向けてホテル業界ではプロモーション動画が注目されている

東京オリンピックの開催が近づき、ホテル業界は観光客向けにプロモーション動画を制作するところが増えてきました。
他にもアピールする方法はたくさんありますが、なぜ動画が選ばれているのでしょうか?
ホテル業界でプロモーションが必要とされている理由や、動画が選ばれる理由や効果についてご紹介しましょう。

-ホテル業界は競争が起きている

2020年の夏は東京オリンピックが開かれるのでますます増えると予想されます。
オリンピックは世界が注目する国際イベントなので、世界中の人々が東京を中心に日本に訪れるでしょう。同時に日本各地から訪れる日本人観光客も殺到することが考えられます。

メイン会場となる東京や各競技の会場付近には、観光客の滞在拠点となるホテルや旅館が数多くあります。
特にホテルが密集しているエリアはホテル競争が激戦となるとなるでしょう。

ホテル業界は競争で勝ち抜くために、観光客を呼び込むための様々な施策を行っています。
特に海外旅行客へのプロモーションに力を入れているのです。

日本の伝統文化やサブカルなどに興味を持つ外国人の増加しており、それが観光客の増加につながっています。
2025年には大阪で万国博覧会が開催されるので、今後も海外旅行客の数は右肩上がりで伸びていくことでしょう。
東京オリンピックが終わってもホテル競争が続くと考えられるので、今から外国人に向けてプロモーションすることは今後のことを考える上でも重要と言えます。

-プロモーション動画が選ばれる理由

外国人にプロモーションする方法は様々なものがありますが、動画でアピールするホテルや旅館が増えてきました。
その理由は動画ならではの効果に期待できるからです。
では、プロモーション動画がもたらす効果についてご紹介しましょう。

【伝えやすい】

動画は映像と音声によりホテルの雰囲気や設備、サービス内容を忠実に伝えることができます。
画像や文字だけの紹介では伝えきれないことが多く、言語が異なる外国人となれば正確に伝わっていない部分が出てくる可能性もあります。
しかし、動画はたくさんの情報を短時間に詰め込むことができるので、外国人にもしっかりアピールすることが可能です。

外観から内部、周辺環境などをシンプルに伝えられるので、外国人もホテルの仕様を具体的に理解できるメリットがあります。
単純にホテルの仕様だけではなく、ホテル内のイベントや特有の施設の紹介などを加えれば、より興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

【ブランティング効果】

ホテルにはそれぞれ異なる世界観があり、それがホテル自体のブランドになっています。
旅行客に中にはステータスを重視する方も多いので、顧客満足度の向上にはブランディングが重要と言えます。

ホテルのブランディングは設備以上に従業員の立ち振る舞いや、顧客に対する気遣いなどを伝えることが効果的です。
しかし、これらは言葉だと伝えることは難しいので、映像で具体的に、または抽象的に表現することで伝わりやすくなります。
プロモーション動画なら厨房やベッドメイクなど普段見ることがない部分も映されるので、働く従業員の姿からホテルの質を判断してもらうことが可能です。

・外国人観光客にも伝わるホテル・旅館のPR動画

ホテル・旅館のプロモーション動画は、競争力が高く魅力的なホテル作りの取り組みとして注目されています。
しかし、独自のプロモーションを展開し、より外国人観光客を呼び込むには、どのような動画を作成すれば良いのでしょうか?
ここでは、ホテル動画でしっかりとホテル・旅館の魅力をPRするために、いくつか事例をご紹介していきましょう。

-帝国ホテル東京

帝国ホテルと言えば、日本の代表的な格式あるホテルとして知られています。
そんな帝国ホテルのプロモーション動画は、クラシックのBGMに乗せてホテルの歴史・客室・施設が紹介されています。
外国人観光客にも伝わりやすい内容になっていますが、日本語の解説も入っているので日本人でも視聴しやすいです。

-ザ・ペニンシュラ東京

ザ・ペニンシュラ東京は皇居と日比谷公園に面した伝統的で品格の高いホテルです。
動画の内容は、ホテルスタッフ一人ひとりがゲストのために提供する極上のサービスや丹精込めた食事に真剣に取り組む姿が映し出されています。
ゲストとホテルスタッフの笑顔が印象的で、上質なサービスが感じられる内容になっています。

-パーク ハイアット東京

新宿駅近くにある高層ビルの高層階にパーク ハイアット東京はあります。「ロスト・イン・トランスレーション」という映画の舞台にも選ばれており、夜景の美しさも魅力です。

こちらのホテル動画は、ピアノのBGMに合わせ近代的な映像でスタートしています。
時間とともに変わりゆく新宿の景観を組み合わせた動画が個性的です。

-ウィスティンホテル東京

ウィスティンホテル東京は恵比寿ガーデンプレイス内にあるホテルで、ヨーロピアンスタイルの高級な空間が特徴です。
日本人でも1度は泊まってみたいラグジュアリーホテルとしても知られています。

そんなウィスティンホテル東京のプロモーション動画は3種類あり、そのうちの1種類が外国人観光客向きの内容です。
動画は、英語字幕付きで東京の魅力やウィスティンホテル東京の立地の良さを伝えるところからスタートしています。
ロビー・客室・レストランなどを細かく紹介しており、非常に視聴しやすくなっています。

-ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

2016年に開業したばかりの新しい高級ホテルで、ラグジュアリーな空間や窓からの美しい景観が魅力です。
ホテル動画は、開業するまでの様子を早送りで流しており、その後はホテルの特徴・魅力を伝える内容になっています。
非日常でゴージャスな体験ができるのが伝わってきます。

-シャングリ・ラ ホテル東京

シャングリ・ラ ホテル東京は、シャングリ・ラ ホテル&リゾーツによる日本初のホテルとして知られる、東京屈指のラグジュアリーホテルです。
海外と日本の文化を融合させた取り組みにも積極的で、プロモーション動画も出しています。

最大の特徴は360度動画になっていることです。
立地・客室・設備・サービスなどを紹介する正統派の内容でありながら、実際にホテルに足を運んでいるかのような不思議な感覚になる動画です。
まるでホテル館内ツアーをしているかのように360度見渡せるので、外国人関顧客だけでなく日本人にも見応えある内容になっているのではないでしょうか?

ここでは、東京の高級ホテルのプロモーション動画を紹介しました。
どのホテルも、個性的で外国人に日本の伝統やラグジュアリーな空間、上質なサービスを分かりやすく伝えています。
ホテルの雰囲気・客室・設備・サービスを紹介するだけでなく、東京という街並みの素晴らしさや日本ならではのきめ細やかさも紹介されています。

上記で述べたブランディング効果も最大限に活かされており、それぞれのホテルの質が感じられるプロモーション動画になっていました。
東京屈指の高級ホテルのプロモーション動画を参考に、インパクトのある個性的なホテル動画に仕上げてみると良いでしょう。

今回は、ホテルや旅館に求められるインバウンド対策やプロモーション動画の重要性を紹介してきました。
海外旅行客向けのホテル動画を作ることは、2020年の東京オリンピックやその後の旅行客への誘致にも適しています。
恐らく東京オリンピック後も海外旅行客の数は大きく減るわけではないため、プロモーション動画を撮影して損をすることはないでしょう。

東京の高級ホテルのプロモーション動画は、画像やテキストだけでは伝わりにくいホテル館内の雰囲気や設備、客室の様子などを細かく捉え紹介できる魅力があります。
日本ならではの文化・伝統を取り入れつつ、きめ細やかなサービスも動画では伝えられています。
それぞれのホテル独自の世界観・ブランドをセールスポイントとして、最適なプロモーション動画を作成してみてはいかがでしょうか?


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>