ブログ

川口での動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

埼玉県川口市は、荒川を挟んで東京都と隣接しています。
鋳物や植木、釣竿などの産業で発達してきた川口市ですが、現在は都心のベッドタウンとしての役割が大きく、「緑あふれる住宅都市」としての魅力が高まっています。

再開発が進んでいる川口では、利便性と伝統を兼ね備えているということで様々なロケ地に起用されています。
今回は、川口で動画制作・映像制作をする際のおすすめロケ地をご紹介していきましょう。

■元郷氷川神社

元郷氷川神社は、素盞嗚尊と市杵島姫命を主祭神としています。
このニ柱は親子の神様なので、子宝成就や子孫繁栄の神様として昔から信仰の対象になっていました。
子孫繁栄は家族の幸せを象徴することでもあるので、それらのご利益を期待できる元郷氷川神社は「しあわせの宮」とも呼ばれています。

また元郷氷川神社では、季節を感じることができる御朱印を書いてもらうこともできます。
御朱印を集めている方へのPRや元郷氷川神社のおすすめポイントを紹介する動画制作・映像制作する場合には、そのようなポイントに重点を置くと良いでしょう。

川口のパワースポットを紹介する動画制作・映像制作する場合にも取り上げることができるスポットとなっています。
パワースポット巡りに関する映像を残す場合のも最適な場所としておすすめです。

■川口西公園

川口西公園は、様々な番組のロケ地に起用されている公園で、川口駅からすぐ近い場所にあるというアクセスの良さも起用される理由の1つだと考えられます。
川口駅から程近い場所にあるにも関わらず、まるで山の中にいるような感覚になる川口西公園は、豊かな自然を間近に感じながら撮影を行うことができます。

様々なイベントの会場としても利用されている公園で、芝生の広場や彫刻、モニュメント、大きな花壇など見所はたくさんあります。
さらに、桜の木もたくさん植えてあるので春になると花見客で賑わうなど、1年を通して多くの人に癒しを与えている場所でもあります。

そんな川口西公園は、その豊かな自然を活かしたロケやイベントに関するロケに最適な場所といえるのではないでしょうか。
川口のイベントをPRするための動画や映像には欠かすことができません。

■ゴリラ公園

ゴリラ公園は、東京外環自動車道の高架下にあります。
高架下にある公園のため、どことなくい空間な印象を受けるのがこのゴリラ公園です。

ゴリラ公園はその名前にあるように、大きなゴリラの像が置かれています。
ゴリラの像の隣にある時計を折ってしまいそうなポーズで佇んでいて、数十分間隔で目が動く仕掛けになっているのです。
初めて見る人は驚いてしまうかもしれません。

またゴリラ公園には、関東有数のBMX(Bicycle Motocross)のコースも完備されています。
休日にはそのコースを利用して「日本オフロードショートトラック連盟」が主催するレースなども行われているので、BMX愛好家には堪らないスポットと言えるでしょう。
そんなゴリラ公園では、川口のちょっと不思議なスポットして紹介する動画やBMXのPR動画などのロケ地として最適です。

■川口市立グリーンセンター

川口市立グリーンセンターは、川口市が運営している施設で、市民の憩いの場となっています。
1年を通して様々なイベントが行われていて、植物園だけではなく流水プールやアイススケート場などの施設も敷地内にあります。

川口市立グリーンセンターでは、四季折々の花々を見ることができ、どの季節に足を運んでも私たちに癒しを与えてくれるでしょう。
敷地内にある大温室では熱帯植物を1年中見ることもでき、緑のアトリエでは様々な展示物を見て楽しむこともできます。

その他にも、クジャクやギンケイなどを見ることができるバードセンター、遊具やミニ鉄道を楽しむことができるわんぱく広場があります。子どもから大人まで楽しむことできるので、家族連れにも非常に人気があるスポットです。
家族で出かけるおすすめスポットを紹介する動画や映像のロケ地に最適な場所と言えるのではないでしょうか。

■旧田中家住宅

旧田中家住宅は、埼玉県内有数の本格的な洋風住宅です。
かつて成功を収めた4代目田中徳兵衛によって建てられたこの住宅は、国の登録有形文化財にも指定されています。

洋風住宅や和館、文庫蔵などが国の登録有形文化財に指定されているのですが、それ以外でも美しい池泉回遊式の日本庭園や茶室なども残されています。
そのため、景勝地として知名度が高くなっているスポットです。

そんな田中家は、眺望を重要視した住宅作りをしていたと考えられます。
なぜなら、一般的には1階に配置する応接間を日当たりや眺望の良い3階の南側に配置しているからです。
古くに建てられた本格的な洋風住宅を映像に残したい場合は、眺望の良い旧田中家住宅をロケ地に選んでも良いのではないでしょうか。

■川口市立アートギャラリー・アトリア

川口市立アートギャラリー・アトリアは、市民が「新しい表現に出会う場」を作ろうという目的で建てられました。
アートな活動を行う拠点としての役割を持つ川口市立アートギャラリー・アトリアは、「企画展の実施」や「ワークショップなどの創作体験」、「講座(たのしい実技講座、やさしい鑑賞講座)」、「連携事業(共催展、地域連携、学校連携)」、「貸しギャラリー事業」を柱に活動しています。

そんな川口市立アートギャラリー・アトリアでは、様々な展示会も行われています。
例えば、川口市小・中・高校硬筆展覧会や第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷などです。
新たなアートの拠点として今後期待されている川口市立アートギャラリー・アトリアは、未来のアーティストを紹介する動画や映像のロケ地として最適な場所と言えるでしょう。

■武州川口七福神

七福神は、昔から庶民の信仰の対象として親しまれてきました。
現在の七福神は恵美寿神、大黒天尊、毘沙門天尊、弁財天尊、布袋尊、福禄寿尊、寿老人ですが、この七柱が定着したのは江戸時代後期だそうです。

武州川口七福神は、錫杖寺、正眼寺、吉祥院、正覚寺、傑伝寺、密蔵院、西光院に祀られているため、家族や友人と一緒に散策をしながら巡ることができます。
七福神巡りを行うと大きな幸せを手にすることができるということで、注目を浴びています。
最近は、寺社仏閣に興味がある人が多くなっているので武州川口七福神や川口のパワースポットを紹介する動画制作・映像制作のロケ地として、選んでみるのも良いのではないでしょうか。

■川口総合文化センター・リリア

川口総合文化センター・リリアは、コンサートや各種イベントを行うことができるスポットで、川口の文化を発信する拠点になっています。
メインホールや音楽ホール、催し広場、展示ホール、ギャラリーがあるため、多種多様なコンサートやイベントを行うことができます。

ラウンジやレストランも完備されているため、大きなイベントだけではなくちょっとした催し物をする際にも最適な場所です。
最近は、写真倶楽部の写真展やピアノのコンサート、アーティストのライブ、各種市民講座などが行われていて、多くの人が足を運んでいます。

そんな川口総合文化センター・リリアでは、各種イベントのPR動画の制作、アーティスト紹介用の動画制作などのロケ地として活用することができるでしょう。
また、イベントの様子を撮影することで、今後イベントを開催したいという方が参考にできる映像を残すことができるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>