ブログ

モーショングラフィックスとは?作り方のコツとおすすめの動画・映像を紹介

動画・映像や静止画像には様々な表現方法がありますが、その一つが「モーショングラフィックス」です。
すでに100年を超える歴史を持つ原始的な表現方法ですが、訴求効果の高さから注目を集めています。

モーショングラフィックスの特徴や用途、広告に使うメリットは何なのでしょうか?
今回は動画例や制作ポイントを含め、モーショングラフィックスについてご紹介していきます。

・モーショングラフィックスとは?

文字、写真、イラスト、ロゴといった静止画像や素材画像に動きや音を付け、動画に加工したものを「モーショングラフィックス」と呼びます。
表現方法の一つで静止画像と動画の中間にあたるものと言えるでしょう。
多様な表現方法があるので、一言で定義を示すことは非常に難しいです。

原始的な表現を含めると歴史は約100年以上あり、1980年代からデザイン界で浸透してきました。
主にテレビや映画のオープニングタイトルやCMなどに取り入れられています。

代表的な用途はテレビ番組のオープニングで表示されるタイトルロゴです。
よく、番組開始と同時にタイトルロゴが大きく表れ、回転したり跳ねたり、サイズが変わるなどのユニークな動きを見せることがあります。あれがモーショングラフィックスの一種です。

モーショングラフィックスが活用されているのはテレビ番組や映画だけではありません。
電車の案内画面やWebサイト用の動画広告、街頭の電子看板、美術館などで用意されているタブレットのナビゲーションなど多岐に渡ります。

・モーショングラフィックス動画・映像を広告で用いるメリット

モーショングラフィックスは動画広告でもよく使われていますが、活用される理由は明確なメリットが存在するからです。
では、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

-視覚的に分かりやすい

広告の訴求は画像やイラスト、文字が入っていると分かりやすいのですが、静止画像では断片的な情報しか掴めません。
一方、モーショングラフィックスは動きのあるグラフィックを通じて、視覚的に分かりやすく訴求できます。

-記憶に残りやすい

モーショングラフィックスを活用した広告は短い尺で制作されることがあり、非常にシンプルな作りとなっています。
そのため、メッセージも伝わりやすく、消費者に適切な情報量で伝えられます。
シンプルさだけではなく、様々な動きで表現できるので記憶に残りやすく、企業や商品名を覚えてもらいたい時にも有効です。

-意図的な表現ができる

最近は音を使わずイラストの動きだけで表現する広告も増えています。
言語を使わないので言葉の壁を気にせず訴求できる点もメリットでしょう。

実写は人物やロケーションが印象を左右しますが、モーショングラフィックスは意図的な表現で制作できます。
文字やイラスト、実写では説明が難しい部分もモーショングラフィックスにすることで、分かりやすく的確に伝えることが可能です。

・モーショングラフィックスの動画・映像例

モーショングラフィックスが活用されている動画例を5つご紹介しましょう。

-ニュース番組のオープニング

パキスタンのニュース番組のオープニング映像です。
3Dアニメーションや写真を通じて情報を発信しているというメッセージが伝わります。

-野村律子モーショングラフィックス作品集

モーショングラフィックデザイナーの野村律子氏が作成した作品を1本にまとめた動画です。

-Airbnb Berlin wall

Airbnbのカスタマーエクスペリエンス動画で、ベルリンの壁崩壊後の冷戦時代の辛い記憶から解放されるストーリーで、サービスを訴求しています。
アニメーションにすることで、感情移入しやすい動画広告です。

-カロリーメイト

大塚製薬が制作した動画広告です。
モーショングラフィックにより3分間でカロリーメイトのポイントを把握できる演出となっています。

-オムロン

新しいテクノロジーが生活や産業をどう変化していくのか、オムロンが予測する「SINIC理論」を分かりやすく伝えています。
豊潤な生活と社会を実現するというメッセージが読み取れます。

・モーショングラフィックスの作り方は?

モーショングラフィックスを活用した動画広告を制作するにあたり、どのように作られるのでしょうか?
簡単にモーショングラフィックスの制作ポイントをご紹介しましょう。

-ストーリーを決める

一般的な動画と同じく、まずは何を訴求したいのかストーリーを決めることから始まります。
動画・映像制作会社を利用する際は、どんなストーリーを描いているのか明確に伝えましょう。

-テイストを決めてデザインの確認

ストーリーが決まったらデザインやイラストの雰囲気、動きなどのテイストを決めていきます。
テイストが決まり次第コンテを描いていき、デザインをまとめていきましょう。
絵コンテにしたらどのように動くかも細かく確認してください。

-動画編集

絵コンテが完成したら編集ソフトを使ってつなぎ合わせて動画に加工していきます。
外注した場合は編集動画を確認後、修正が必要な場合はすぐに伝えて直してもらいましょう。
問題がなければ必要に応じて音楽や効果音、ナレーションをつけて完成です。

・まとめ

動画広告というと実写をイメージしますが、モーショングラフィックスも訴求効果の高い表現方法です。
何を伝えたいのかストーリー性を意識し、また見た人の記憶に残りやすいようにシンプルに見せることがモーショングラフィックスを活用した広告では効果的です。
グローバル性も高いので、動画広告を作成する際は活用してみてはいかがでしょうか?


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>