今、動画


最近は、WEBサイトに動画を導入、YouTubeを使ったプロモーション、動画マーケティングなどが流行っています。 では…なぜ?動画が流行っているのでしょうか?今すぐ採用すべき理由はなんでしょうか?

プロセスをコントロール


最近はどこのWEBデザインも非常にきれいで整っており、構成の精度も高くなっています。しかし、どのWEBサイトも同じように見え、差別化が難しくなり、ユーザーの反応が難しくなってきています。

提供者は、価値を伝えた上で結論やオファー内容を開示したいと思っていますが、大半のユーザーは、同じようなWEBサイトを見ると、途中の内容は飛ばし、結論やオファー内容だけを見るようになります。

WEBサイト上では常にこのギャップが生まれています。そのギャップを埋めることができるのが動画です。
WEBサイトに動画を入れ込むことで、他のWEBサイトとの差別化が生まれます。差別化が生まれることで、ユーザーは、動画を視聴するようになります。



プロセスをコントロール イラスト


動画の内容を対面のセールストークのように、構成し、聞かせることができれば、必要な情報をユーザーに伝えることができるようになります。動画で、セールスプロセスをコントロールをしてしまえば、最強の営業マンが24時間働いてくれるということになります。

気軽に動画が視聴できるようになった今、動画はユーザーにも提供者にも必要不可欠なものになっています。

視聴が楽


視聴が楽 イラスト

動画というのは見るのがとっても楽な媒体です。
インターネットのインフラが整った現在、スマホやパソコンでもどこでも気軽にストレス無く動画が視聴ができるようになりました。

動画は、文字媒体とは違い、映像、音声、文字などが使用されています。これにより文字だけの媒体に比べ、興味を持って長い時間、視聴してもらえる可能性が増えてきます。

動画をWEBサイトに導入することで、WEBサイトの滞在時間が増加したというデータも取れています。

確かに、文字だけのWEBサイトを一言一句、読んでいくのは大変です。文字だけで伝えようとすると、文字を読む労力をしてでも「読みたい」と思わせるアイデアが必要になってきます。

これに比べ、動画を使用することで、簡単に必要な情報をユーザーに伝えることができるようになります。気軽に動画が視聴できるようになった今、動画はユーザーにも提供者にも必要不可欠なものになっています。

感情が伝わる


なぜWEBサイトでは、フォントを大きくしたり太くしたり、赤や青の色をつけたり、イエローマーカーを使ったりするのでしょうか?

答えは簡単です。
強調するポイント、感じて欲しいポイントを伝えるためです。

セールスにおいても、感情(感じて欲しいポイント)を動かすことは最も重要な要素のひとつです。マーケティングの世界では、 「人は感情で物を買い、論理で正当化する」と言われています。


感情が伝わる イラスト


しかし、文章のみで人の感情を動かすのは非常に高度な技術を要します。いわゆるセールスライティングやコピーライティングと言ったスキルです。

今、この文章も感情が伝わっているかというと…
しかし、動画なら簡単に感情を伝えることができます。なぜなら、動画では、声を入れることができるからです。

ほとんどの人間は、声で感情を伝えることができます。

  ● 今、怒っているのか
  ● 悲しんでいるのか
  ● 嬉しそうなのか
  ● 楽しそうなのか

声のトーンなどで明確に分かります。

つまり人間の「声」には、伝える能力があるということです。これは、好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験「メラビアンの法則」としても知られています。

  ● 言葉は7%(話す言葉の内容)
  ● 声・トーン38%(声の質・大きさ・テンポ)
  ● 表情・身振り・手振り55%(見た目・表情)

これをWEBサイトに例えると、言葉(テキスト)で7%だったものに、声を入れ込むだけで38%の増加。
また、映像で表情等を入れ込むことで55%の増加が見込まれます。 つまり動画にナレーション(声)を入れることで、テキストだけのWEBサイトより何倍も伝えることができるようになります。

気軽に動画が視聴できるようになった今、動画はユーザーにも提供者にも必要不可欠なものになっています。

動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>