ブログ

岡山県での動画・映像制作

岡山県は、中国地方に位置し瀬戸内海に面しています。
瀬戸内海ならではの気候や地形によって、古い時代から独自の文化を築いてきた場所でもあります。現在は、中国地方や四国地方の交通網の拠点にもなっていて、発展し続けているのです。

古くからの町並が残っている場所も多く、ゆったりとした観光ができる岡山県には魅力がたくさん詰まっています。
岡山県ならではの楽しみ方を知り、充実した岡山観光をしたいと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

岡山県内には様々な魅力的なスポットがあり、観光目的で足を運ぶ人も増えてきているだけでなく、ドラマなどのロケ地に起用された場所も県内にはあるので、動画制作・映像制作にも活用しやすいでしょう。
今回はそんな岡山県で動画制作や映像制作のロケを行う際のおすすめのロケ地をご紹介しましょう。

■吉備津神社

吉備津神社は、縁結びや夫婦円満、長寿などの御利益があると言われている神社で、豊かな人生へと導いてくれるパワースポットです。
桃太郎伝説が残されている場所とも言われています。その社殿は非常に美しく、大きなパワーを感じることができるはずです。

また、吉備津神社の後ろには古くから「神の山」として崇められてきた吉備中山があります。
吉備中山は標高175mなのでそこまで高い山というわけではありませんが、神様を祀っている「天津磐座」や神域を示している「磐境」があることから「神の山」と呼ばれる由来になっています。
吉備津神社と吉備中山、どちらも大きな力を持つパワースポットなので、パワースポット巡りが好きな人はぜひ足を運びたい場所の1つと言えるでしょう。

岡山県内のパワースポットを紹介する動画制作や映像制作を検討している場合は、吉備津神社でのロケも欠かすことはできません。
しかし、神聖な場所でもあるのでロケの際には細心の注意を払い、マナーを守ることが大切になります。

■最上稲荷

最上稲荷は、岡山県の代表的なパワースポットの1つです。
岡山県の観光スポットとしても人気な最上稲荷は、参道にある大きな鳥居がシンボルになっています。日本最大級とも言われているこの鳥居は、最上稲荷へ足を運ぶ人の期待を高めることになるでしょう。

そんな最上稲荷では、1年を通して様々な行事が行われています。
お釈迦様の降誕を祝う花まつりや御本尊の最上尊からのご加護をいただく最上位経王大菩薩年次祭、1年の終わりに感謝の気持ちを示す終年感謝祭などの行事があります。
その他にも、毎月1日に行われる朔日参りや朔日市といった通年行事も行われているので、行事だけでもたくさんの見どころがあります。

多くの観光客が足を運ぶ最上稲荷は、岡山県の観光スポットを紹介する動画制作や映像制作をする際に欠かすことができない定番スポットの1つになっています。
動画制作や映像制作を検討している場合は、ぜひロケ地の1つとして検討してみてください。
最上稲荷を取り上げることで、岡山県の魅力も一緒に伝えられるでしょう。

■鬼ノ城跡

鬼ノ城跡は、最近の発掘調査で見つかった巨大な山城の跡地です。
およそ2.8kmにもわたる城壁が山の上に築かれているのですが、その城壁は飛鳥時代のものだと言われています。どのような城であったかなどの詳細は分かっていない、謎の城なのです。

発掘された石畳を散策していると総社市の街並みを一望できるスポットがあります。
空中散歩をしているような感覚になるこの場所は、他の民族の侵攻を防ぐ目的で造られたといわれているので、万里の長城の日本バージョンとも言えるでしょう。
ハイキングのコースにもなっているため、周辺を散策してみるのもおすすめです。

鬼が島のモデルになったのではないかと仮説も立てられている鬼ノ城跡は、岡山県の観光スポットを紹介する動画制作や映像制作におすすめの場所です。
謎が多い場所なので、謎解きを楽しむような感覚でロケを行ってみるのも良いでしょう。
岡山県の不思議な魅力を伝えることができる鬼ノ城跡でもぜひロケを行ってみてください。

■笠岡市立カブトガニ博物館

笠岡市立カブトガニ博物館は、生きた化石としても有名なカブトガニを展示している博物館です。
瀬戸内海は、日本有数のカブトガニの生息地になっていて、特に岡山県笠岡市にはカブトガニの生息に適した干潟があったことにより、有名な生息地として知られています。
しかし、開発が進むことでカブトガニの個体数が減ってしまったため、保護や研究のために笠岡市立カブトガニ博物館が造られました。

カブトガニがどのような生態なのかを知っている人はそこまで多くないと思いますが、笠岡市立カブトガニ博物館ではその生態を観察することができます。
カブトガニが泳ぐ姿や普段は目にすることができないカブトガニの腹面の様子も見ることができるので、貴重な体験ができることでしょう。
カブトガニについて様々な情報を得ることができる笠岡市立カブトガニ博物館は、岡山の人気観光スポットの1つとなっています。

岡山県内には、たくさんの観光スポットがありますが、笠岡市立カブトガニ博物館は他にはない珍しいタイプの観光スポットです。
岡山県ならではの楽しみ方を紹介する動画制作や映像制作をする際のロケ地に最適な場所と言えるでしょう。

■備中松山城

備中松山城は、江戸時代から残っている現存天守の1つで、メディアでも取り上げられたことがある天空の山城です。
日本三大山城にも数えられています。気象条件によっては、雲海の中に備中松山城が浮かんでいる様子を見ることができるため、天空の山城とも呼ばれています。

そんな備中松山城は、現存天守で最も高い場所にあり、天守・二重櫓・土塀の一部が残されています。
これらは、国の重要文化財にも指定されていて、スケールの大きさには圧倒されることでしょう。雲海に浮かぶ備中松山城はなかなか見ることができませんが、タイミングが合えば非常に幻想的で美しい光景を目にすることができるので、足を運んでみる価値はあります。

現存天守は現在12城ありますが、その中でも特に幻想的だと言われているのが備中松山城です。
岡山県の魅力的なスポットの1つでもあるので、岡山県の魅力を伝える動画制作や映像制作をする場合のロケ地におすすめです。
しかし、雲海と備中松山城のコラボは、気象条件によるので必ず見ることができるとは限らないので注意しましょう。

■勝山

岡山県の昔ながらの町並みというと、倉敷を思い浮かべる人が多いはずです。
しかし、岡山県内には倉敷以外にも素敵な町並みが残っている場所が点在しています。その中の1つが真庭市にある勝山です。

勝山は、昭和60年に岡山県で初めて「町並み保存地区」に指定された場所で、平成21年には「美しいまちなみ大賞」を受賞しているほど魅力的な場所です。
10分ほどで全体を回ることができる小さな街ではありますが、土蔵や白壁など歴史を感じる町並みを堪能することができます。
倉敷ほど有名ではないので、多くの観光客がいるというわけではありませんが、静かなのでのんびりと散策することができるでしょう。

岡山県内には、昔ながらの町並みを楽しめる場所が多数あります。
その中でも落ち着いた雰囲気でゆっくりと過ごすことができる勝山は、岡山県内の観光スポットを紹介する動画制作や映像制作でぜひ取り上げたい場所です。
勝山に住む人々が、現代に残してきた歴史を感じられるような動画や映像制作に役立ててください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>