ブログ

埼玉県さいたま市での動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

さいたま市は、日本で3番目に人口が多い都市です。サッカーが盛んな都市でもあるさいたま市には、浦和レッドダイヤモンドやなでしこリーグなどのプロサッカーチームもいくつか存在しています。
その他にも多くの観光客が足を運ぶスポットも多くあり、アニメなどの舞台にも採用されている街です。
今回は、そんなさいたま市で動画撮影や映像撮影を行う際のおすすめロケ地をご紹介しましょう。
さいたま市でロケを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

■大宮盆栽村

大宮盆栽村は、大正12年の関東大震災をきっかけに盆栽業の職人が集団で移住したことで生まれました。
広い土地や綺麗な水、新鮮な空気が盆栽を育てる環境として優れているため、この地に盆栽村を作ったと言われています。
様々な植物の盆栽を見ることができます。

そんな大宮盆栽村は、近年盆栽町としてさらなる発展をしています。
この場所を拠点としている盆栽園は非常に多く、九霞園や清香園、藤樹園、松雪園などの知名度が高い盆栽園の美しい盆栽によってその景観を作り出しているのです。
また、この盆栽町には、「居住者は10鉢以上の盆栽を持つこと」などの決まりごとがあることもあり、美しさを保ち続けることができているのでしょう。

さいたま市というと、都会的なイメージが強いかもしれませんが、伝統を受け継ぐ人の姿も多く見ることができます。
近代的な側面だけではなく、伝統を受け継ぐさいたま市の魅力を伝える動画制作や映像制作のロケ地に最適な場所の1つが大宮盆栽村なのです。

■埼玉県立歴史と民俗の博物館

埼玉県立歴史と民俗の博物館は、歴史や民族、美術などをまとめて展示してある県立博物館です。
国宝に指定された調度品や太刀、短刀など歴史にまつわる品々を見ることができます。

常設展では、民族に関する展示や経典に関する展示などいくつかの部門に分かれています。
時折行われている企画展や特別展では、歴史的にも重要に意味を持つ刀剣や名刀の展示、古美術の展示などを行っているため、歴史や民族、美術などに興味を持っている人にとっては特に見応えのある内容と言えるでしょう。

そんな埼玉県立歴史と民俗の博物館に隣接して、弥生式住居跡を再現したものもあります。そのため、埼玉県内の歴史や民族、美術などを動画制作・映像制作のロケ地に最適と言えるのではないでしょうか。
貴重な品々も展示されているため、とても充実した内容の撮影ができるはずです。

■大崎公園

大崎公園は、大人から子どもまで多くの人に人気がある公園です。
とても広大な敷地を持つ大崎公園では、1年を通して家族連れやカップルなどで賑わっています。
バーベキューなど火を使うイベントをすることはできませんが、オールシーズン楽しむことができるので、足を運ぶ人が多いのでしょう。

大崎公園内には、子ども動物園がありレッサーパンダやアメリカアカリスなどの小動物が飼育されています。
子ども動物園は、子どもたちで非常に賑わっています。
また、動物と触れ合うことができる「どうぶつひろば」という場所もあり、自然豊かな大崎公園の中で動物達と楽しい時間を過ごすことが可能です。

そんな大崎公園は、さいたま市内で自然や動物と触れ合い、癒されるスポットを紹介する映像や動画制作のロケ地に最適です。
さいたま市の癒しスポットでロケを行いたいと考えている方にも非常におすすめなので、候補に入れてみてください。

■さいたま新都心

成長著しい都市の1つであるさいたま市内には、区画整備によって誕生した「さいたま新都心」があります。
さいたま新都心駅は、グッドデザイン賞を受賞するほど優れた景観になっていて、発展を遂げた近未来を連想させます。

そんなさいたま新都心には、「COCOON CITY」というショッピングモールがあります。
「COCOON CITY」は、非常に大きなショッピングモールで4つの棟で構成されています。多くの人が足を運ぶ定番のショッピングスポットとなっているのです。
さいたまスーパーアリーナやけやきひろばもさいたま新都心にあるため、イベントなどが開催されている時には、普段以上の賑わいも見せてくれる場所になります。

さいたま市で、ショッピングスポットなどを紹介する動画制作・映像制作のロケをする際に最適な場所の1つに挙げることができるのがさいたま新都心です。
魅力的なスポットがあるさいたま新都心では、充実したロケができます。

■時の鐘

時の鐘は、さいたま市岩槻区にあります。江戸時代に岩槻城主が設置した時の鐘は、今でも町の人々に時の流れを伝えているのです。
一時期途絶えてしまった時の鐘ですが、長い年月の中で再開され、かつてと同じように時を伝え続けています。

時の鐘は、朝夕6時と正午に鳴らされ、1日の始まりや終わりなどを人々に伝えています。時の鐘は長く続く歴史があるため、1958年には槻市の指定有形文化財に登録されました。
正午の鐘つきは、2011年5月1日から再開され、およそ140年ぶりの復活となったそうです。

さいたま市にある指定有形文化財などに関する動画制作・映像制作を行う際のロケに欠かすことができない場所の1つに時の鐘があります。
地域の人の生活を支えているものでもあるので、指定有形文化財などに関する動画制作・映像制作のロケ地を探している方はぜひ時の鐘も候補に入れてみてください。

■鉄道博物館

鉄道博物館は、日本や世界の鉄道について学ぶことができる博物館です。
実物の車両が展示されていたり、シミュレータで疑似運転ができたりするなど様々な楽しみ方ができます。

館内には、車両や化学、仕事、歴史、未来というそれぞれのテーマに沿っているステーション(展示室)があり、様々な側面から人と鉄道のつながりを知ることができます。
例えば、車両ステーションにはD51シミュレータやミュージアムショップ TRAINIART、車両ステーションパノラマシアターなどがあり、仕事ステーションではE5シミュレータや運転士体験教室などがあります。

そんな鉄道博物館は、鉄道に興味がある人であれば老若男女楽しむことができます。
鉄道に関係する動画制作・映像制作をする場合は、鉄道博物館をロケ地にすることをおすすめします。様々な側面から切り込むことができるので、多くの人の興味をさらに惹くはずです。

■大宮花の丘農林公苑

大宮花の丘農林公苑は、広大な敷地を誇る公園で、園内にはとても広い花畑があります。
春にはチューリップ、夏から秋にかけてはサルビアなど四季折々の花々が咲き誇ります。
夏には、子どもたちが水遊びをすることができる親水広場も開設されるため、様々な楽しみ方ができる公園と言えるでしょう。

園内には、みそ加工室や調理室などの有料貸し出しを行っている「緑のふるさとセンター」、農産物等直売所や地産地消のレストランがある「花の食品館」などもあるため、体験教室などを行うこともできます。
新鮮な野菜を使った料理を楽しむことができるので、食にこだわりのある方でも満足できるはずです。

そんな大宮花の丘農林公苑は、都会にいながら四季の変化を感じることができる貴重な場所の1つです。
四季折々の美しい花々を眺めながら癒さるスポットなので、日頃の疲れを癒したい、リフレッシュしたいと考えている方におすすめの場所を紹介する動画制作・映像制作のロケ地に最適と言えるでしょう。
様々な体験をすることもできるので、そのような側面からロケをすることもできるので、色々な映像を残すことができるはずです。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>