ブログ

「交通安全動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

交通事故は、今も日本のどこかで起きている可能性があります。
車を運転するドライバーだけではなく、自転車や歩行者も常に交通事故の危険があることを理解した上で生活することが大切です。

そんな中、注目されているのが交通安全動画です。
事故による悲惨な状態を動画にすることで安全意識を高めることに役立ちます。
企業や自治体でも活用され、様々な人たちの安全を守るアイテムとなっているのです。

今回は、交通事故を防止するためにも役立つ交通安全動画の効果や制作事例についてご紹介していきます。
危険を回避するためにも知識を備えることは大切なので、様々な場面で役立てていきましょう。

・交通安全動画とは?

まずは交通安全動画の目的や効果、利用シーンについて解説していきましょう。

-交通安全動画の目的とは

交通安全動画は車を運転する大人だけではなく、自転車や歩行者の安全を確保するために制作する動画です。
警視庁が発表した情報によると、平成30年において発生した交通事故件数は430,601件となっています。

負傷者数も525,846人と多くの人が事故によって怪我をしています。
テレビでも度々交通事故に関するニュースを見かけるでしょう。
多くの犠牲者が発生した事故や幼い子どもの命が危険にさらされた事故も多く、交通安全について再度考えさせられることもあります。

事故は一瞬にして様々な人たちの人生を奪うものなので、交通に関しては子どもも大人もしっかりと学ぶことが大切です。
そのためにも、交通事故動画は役立つでしょう。
事故の発生を抑えるため、交通安全の意識を取り戻すため、車の運転や自転車の運転を見直すためには最適な動画となっています。

-交通安全動画の利用シーン

交通事故動画の利用シーンとしては、様々な施設があります。

-自動車教習所

-警察

-自治体

-保育園

-小学校

-中学校

交通安全に関する知識が必要な施設などで利用することができるでしょう。

-交通安全動画がもたらす効果とは

交通事故は実際に見たことがある人や当事者でなければ、その怖さを体験できません。
自分は大丈夫だろうと安易な気持ちで車の運転をしている人や道を歩いている人は多いでしょう。

しかし、交通事故は常に身近な存在となっています。
ちょっとした不注意によって事故は発生してしまうため、その危険を世界中の人に知ってもらう必要があるのです。

交通安全動画の効果としては、やはり交通事故を減少できる点です。
実際の交通事故のシーンが動画に入っていることで、その恐ろしさを自分の目で確認できるので、ドライバーの気を引き締めることに役立ちます。

歩行者にとっても交通安全動画を視聴することで、交通安全に対する意識が高くなるので歩く際には十分注意することになるでしょう。
双方の意識が変わることで、交通事故を減らすことができるのです。

・交通安全動画の制作事例!

ここからは、様々な企業や自治体で使われている交通安全動画をご紹介していきます。

-埼玉県警察

埼玉県警察ではYouTubeに公式チャンネルがあり、交通事故を防止するための様々な動画を公開しています。
「交通事故防止動画~録られています~」では、あおり運転の危険性を伝えています。

埼玉県警察では空からの取り締まりも行っているとあり、危険な行為をした場合にはドライブレコーダーだけではなく、様々な視点から録画されていることがわかる動画にもなっています。

-東京都

東京都では、自転車を利用する全ての人にヘルメット着用を広めていくため、様々な活動をしています。
その一環として東京都公式動画チャンネルに「自転車用ヘルメットの普及啓発」動画を掲載しています。

女性アイドルグループのさくら学院の公開授業動画とあり、学校で学んでいるように動画で進んでいき、分かりやすいことが特徴です。正しいヘルメットの被り方も学べます。

-警視庁

警視庁でも様々な交通安全に関する動画が配信されていますが、「ピーポくんとしまじろうの交通安全」は小さい子どもでも交通安全を意識できる動画となっています。
横断歩道を渡る際の基礎知識をピーポくんとしまじろうが音楽に合わせて教えてくれるため、子どもでも分かりやすいでしょう。

親も一緒に覚えることで、実際に横断歩道を渡る際にはリズムに合わせて一緒に渡ることで正しい渡り方を習慣付けることができます。
子どもの不注意を減少することも可能な動画です。

-大分県警察

大分県警察では、県民の交通安全意識を高めることを目的として交通安全動画のVRを制作しました。
学校を対象としたスタントマンによる事故を再現するスケアードストレートを行っていることから、より多くの県民に事故の怖さを知ってもらうためにVRで体験してもらおうと考えたのです。

「車両と横断歩行者の衝突」では、横断歩道上での事故を実際体験しているかのように視聴できます。
ドライバー側だけでなく、歩行者側が見る映像も見られるため、双方の気持ちや意識を知ることができるでしょう。
交通ルールが学べるので動画を視聴した後からすぐに安全な運転や歩行を実践できます。

・交通安全動画の制作ポイント

交通安全動画を制作する際には分かりやすさが大切です。
ただ単に事故の映像を流すのではなく、自己が発生した原因や対処法を伝えることで安全な車の運転や歩行を意識しやすくなります。

また、動画を視聴するターゲットを決めることで、どんな動画を制作すれば良いのかが見えてきます。
子どもがターゲットであれば、理解しやすいように平仮名の字幕を入れたり、音楽に合わせてキャラクターを配置したり、アニメーション仕立てにすることもできます。

大人であればリアリティさを伝えることで事故の怖さを再確認できます。
ターゲットに関わらずドラマ仕立てであれば分かりやすいでしょう。

・GJCの交通安全動画制作フロー!

GJCでは様々な産業分野における動画制作・映像制作を行っていますが、交通安全動画の制作も可能です。
サービス内容や制作フローについてご紹介していきましょう。

-サービス内容

GJCでは、ハイクオリティで好反応が期待できる動画を低価格で制作しています。
360度パノラマVRやCGを使った動画、アニメーションなど、豊富な種類の中から希望に合わせて動画を制作し、多くの企業に満足していただいています。

-制作フロー

満足のいく動画を制作するためにもヒアリングは欠かせません。
GJCでは、無料での相談の後に動画制作の背景や目的、演出などの打ち合わせを行います。
発注をする前にヒアリングを入念に行うことで、より目的に合った最適な動画を制作できます。

そして、ヒアリングを元にして幅広い知識を持った映像構成作家による企画・構成を行い、ご提案していきます。
満足がいかない場合には再度ヒアリングを行い、理想通りの企画ができるまで繰り返していきます。

その後正式発注となり、動画が制作されていきますが完成後には映像チェックも怠りません。
納得いくまで無料で修正ができるので、細かな要望でもお気軽にご相談ください。

-問い合わせ

交通安全動画を分かりやすいようにCGやアニメーションで制作したい場合には以下のURLからお問い合わせください。
子どもから大人まで理解しやすいようアニメーションを使用して交通安全に関する知識を伝えることができます。

3DCG動画・アニメーション

・まとめ

交通安全動画があることで、交通安全意識が高まり事故を抑制することができます。
車のドライバーだけではなく、自転車を運転する高齢者や学生、子どものほか、歩行者も注意すべきポイントが複数あります。

それぞれが意識を高めていくことで交通事故を減少させることにつながるので、分かりやすい動画制作・映像制作が大切です。
GJCでは、満足度の高い交通安全動画の制作が可能です。
ハイクオリティで分かりやすい交通安全動画を制作するためにも、ぜひGJCにご相談ください。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>