ブログ

料理・レシピ動画の作り方|機材や撮影・編集のコツを紹介

料理やレシピを知るには以前まで雑誌やTVで紹介されていたものを実践してみるということが一般的でした。
しかし、最近では雑誌離れやTV離れが深刻化し、インターネットの普及によってレシピの投稿サイトが作られたことによって、映像として料理やレシピを見る機会は減ったという方も多いでしょう。

TVなどで見る機会が減っていても、Youtubeなどの動画サイトで投稿されている料理・レシピ動画は見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、料理・レシピ動画の作り方から必要な機材、編集のコツなどをご紹介していきましょう。
これから料理・レシピ動画を作りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

・料理・レシピ動画とは

そもそも料理・レシピ動画とはどういったものを指しているのでしょうか?
実はかなり前から料理・レシピ動画は存在していたのですが、今の形式とは異なっています。

以前までの料理・レシピ動画というと、料理中の状態を写真に収め、そこに字幕を入れて動画にしているケースが多く見られました。
これは、それほどカメラの性能が高くなかったことが影響していると考えられます。

そんな料理・レシピ動画が進化したきっかけは、料理専用の動画サイトの運営が開始されたことが挙げられます。
特に現在人気となっているのが、「kurashiru(クラシル)」と「DELISH KITCHEN」の2サイトです。

この2つの動画サイトではレシピを紹介しながら、料理中に撮影した動画が流れ、字幕付きで分かりやすく紹介されています。
動画を見ている人は画像と字幕だけで動きなく説明されていた従来の動画よりも、次に何をすればいいのかが映像で分かるということから、人気を集める結果となりました。

・料理動画の種類とそれぞれの特徴

料理・レシピ動画にも投稿ユーザーごとに撮影方法や編集方法に違いが見られます。
どのような種類があるのか、それぞれの特徴についても解説していきましょう。

-具体的な手順を紹介している動画

具体的な手順を紹介している動画は、いわゆる一般的な料理・レシピ動画だと言えます。
冒頭から終わりまで、終始動画で撮影されており、映像だけでは分かりにくい部分に字幕を付けていきます。
具体的な手順を知ることができるため、人気の高い料理・レシピ動画です。

-エンタメ要素が詰まっている動画

エンタメ要素が詰まっている動画は、レシピも紹介しつつ面白い要素がふんだんに盛り込まれた料理・レシピ動画になります。見終わった後はタメになったというよりも笑えたという印象の方が強く残るケースが多いです。

-おしゃれで雰囲気重視の動画

おしゃれで雰囲気重視の動画は、字幕がかなり少なめなので分かりづらい部分があるかもしれませんが、とにかくおしゃれで見ていると「こんな風に料理がうまくなりたい、料理をしたい」と憧れてしまうような動画になっています。
おしゃれで雰囲気重視の動画で見られるポイントは、一般的に料理・レシピ動画というのは料理しているところを真上から撮影するのですが、おしゃれで雰囲気重視の動画では真上以外からのカットも多く見られます。

・動画制作・映像制作に必要な機材

普通の動画制作/映像制作とは異なり、料理・レシピ動画ではどのような機材が必要になってくるのでしょうか?

-カメラ

スマホやコンパクトデジカメで撮影することももちろん可能ですが、クオリティの高い料理・レシピ動画を作りたいのであればデジタル一眼レフがおすすめです。
デジタル一眼レフだとピントを調整してくれるので、見やすい動画になります。

また、可能であればコンパクトデジカメは軽いので三脚を使い真上から撮影し、重いデジタル一眼レフは少し離れたところから違ったカットを撮影する時にも便利です。
2台カメラを持っている方は、ぜひ実践してみましょう。

-三脚

三脚は基本的にカメラを固定するための道具なので、安いものを購入しても問題ありません。
値段が高い三脚なら重たい一眼レフでも安定して撮影することができます。

-フリープレート・マルチクランプポッド

三脚にカメラを取り付けても真上からの撮影はできません。
そのため、フリープレートとマルチクランプポッドを用意する必要があります。
フリープレートとは1つの三脚に2台カメラを設置することができる道具です。

真上から撮影したい場合は、まずフリープレートを三脚に取り付け、マルチクランプポッドをフリープレートの逆側に設置します。
マルチクランプポッドはポールや板などをクランプで挟み固定することができるミニ三脚のようなアイテムです。

マルチクランプポッドによって三脚からフリープレートで横に伸ばし、さらにカメラを逆さにして真上から撮影することができるのです。
料理・レシピ動画には必須のアイテムと言えるでしょう。

-照明

照明も料理・レシピ動画にはなくてはならないアイテムです。
手元の真上にカメラがあると、カメラや手の影が入ってしまい、材料が綺麗に見えません。
そのため、照明を付ける時はカメラと手元の間に設置する必要があります。

・動画制作/映像制作の手順と編集する時のコツ

料理・レシピ動画を制作する時の手順ですが、まずは調理台に撮影機材を準備しておきます。
カメラや三脚、照明の設置が完了したら動画撮影に入りましょう。

工程に応じて撮影を進めていきますが、必要であれば別の視点からの撮影も忘れないようにしましょう。
別視点のアングルが動画に入るメリットは、ずっと真上から撮影した映像を流すよりも、別視点のアングルが入ることで飽きずに最後まで見てもらいやすいといった点が挙げられます。
動画を撮影し終わったら、後は動画編集ソフトを使って編集していくだけです。

料理・レシピ動画を編集する時のコツですが、まず真上から撮影したカットは全て反対向きになってしまう場合があるので、全て上下反転させるようにしましょう。
反転させないと見づらい動画になってしまいます。

また、料理・レシピ動画はカットや早送りを取り入れることで見やすい動画に仕上げることができます。
ダラダラと20~30分近い動画を作っても視聴してもらえないので、カットと早送りを駆使しながら、3分以内にまとめられるようにしておきましょう。
最後に字幕やBGMを挿入すれば完成となります。

撮影時は少し大変かもしれませんが、編集自体は難しくありません。
コツさえ覚えていれば誰でも簡単に作れるので、料理・レシピ動画を作ってみましょう。

・料理・レシピ動画の事例集

ここからは料理・レシピ動画の事例をいくつかご紹介していきます。
参考になる料理・レシピ動画を探してみましょう。

-トマトのクリームパスタをワンポットで作りたい

キコノヒトさんが作った動画で、声などは一切入っていないシンプルな料理・レシピ動画となっています。
アングルも基本的には真上からなのですが、例えばコンロの火を着火させるカットがあるなど、飽きずに見られるような工夫もなされています。

テーマとしても、「クリームパスタをできるだけ少ない道具で作る」というタメになる動画内容となっており、試してみたくなる動画です。
サムネイルのインパクトも、トマトの存在感によって引き立てられています。

-結月ゆかりのお腹が空いたのでVol.20「真鰯食べましょう」

こちらはボイスロイドの結月ゆかりを活用し、結月ゆかりというキャラクターが料理を解説してくれる動画になっています。
この動画の特徴は、旬を迎えた新鮮で美味しそうな食材を使い、1品ではなく何品も作るところと、キャラクターが字幕だけではなく言葉でも説明してくれるため、内容がとても分かりやすいところです。

特に魚介類系をメインにした動画が多く、捌くところから見られるのでおすすめです。
Youtubeでの投稿はPart20以降のものしかありませんが、ニコニコ動画にはPart1~19までの動画も見られるようになっています。

-たまにはお洒落な朝食を。かぼちゃのキッシュの作り方:How to make Pumpkin Quiche | Veggie Dishes by Peaceful Cuisine

こちらはおしゃれで雰囲気のある料理・レシピ動画なのですが、きちんとレシピや手順が分かりやすいという特徴を持っています。
別アングルからのカットも多く、見ていて飽きません。

材料を切る時の音もASMRのような感覚で見られるため、ただ見ているだけでも癒やされるでしょう。
残念な点は、更新が1年前から止まっており、今後更新されるかは分からないという点です。
それでもたくさんの動画が投稿されているので、ぜひ参考にしてみてください。

・まとめ

料理・レシピ動画は比較的作りやすい動画になります。
企業のマーケティングにも商品を使ったアレンジレシピといった形で料理・レシピ動画を撮影する場合もあるかもしれません。

ただ、いくら簡単だからと言ってもしっかりとマーケティング効果を引き出すためには、高いクオリティで動画制作/映像制作を行う必要があります。
動画広告に料理・レシピ動画を取り入れたいという方は、実績豊富な動画制作/映像制作のGJCをぜひ活用してみましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>