ブログ

動画制作を依頼する際に知っておきたい基礎知識

企業は様々な戦略で商品、サービス、ブランドを売り上げていますが、近年は動画を用いたマーケティングが主流となっています。
高性能の機材や編集ソフトが個人でも入手しやすくなり、動画制作が身近なものとなっていますが、より高クオリティで戦略に則った動画を制作するなら、動画制作会社を頼るのも1つの手段です。

しかし、初めての動画制作の依頼となると不安や疑問点も多いのではないでしょうか?
そこで、依頼をする前に動画制作の基礎知識から知っていきましょう。
基礎知識を知ることで、動画の必要性や動画制作にあたりどこから手をつければ良いのか見えてくるはずです。

■動画の効果を知ろう

流行っているからという理由で動画を制作しても、一定の効果しか得られないでしょう。
なぜ現代は動画が有効なのか、動画がもたらす効果を知ることが大切です。

まず動画の特徴は、たくさんの情報を動画として詰められることです。
1分あたりの動画の情報量を文字数にすると約180万文字数と言われており、原稿用紙で例えれば4500枚分になるとされています。

たくさんの情報量が詰められるということは、テキストよりも具体的に紹介できるということになります。
また、テキストや画像だけでは伝えきれない情報も伝えやすくなることが、動画の利点です。

アメリカ国立訓練研究所の研究によると、テキスト学習での記憶の定着率は10%で動画学習での記憶の定着率は20%という結果が報告されています。
この結果から動画はテキストよりも2倍、記憶に残りやすいことが分かります。
動画を商品やサービスの紹介などに活用することで、テキストや静止画のコンテンツよりもブランド認知やブランド想起に有効です。

■具体的に効果がある動画とは?

動画はテキストよりも伝わりやすく、また記憶に残りやすい効果がありますが、効果的な動画にするポイントがいくつかあります。
動画制作を検討しているのであれば、そのポイントを意識して制作することが大切です。

・動画制作のコンセプトを決める

動画制作をするにあたり、ターゲットが誰であるのか、何を目的にどのように伝えるのかとコンセプトをしっかり決めましょう。
ターゲットは細かいペルソナを設定すると、狙っているターゲットに届きやすい動画を作れます。

ターゲットのコンセプトが決まったら、何を目的に動画を制作し、またどのように伝えるのかを考えます。
明確なコンセプトを決めることでそのブランドらしい動画を制作でき、視聴者もそれを感じることができれば、ステータスアップや認知度の拡大につなげることが可能です。
独自性や強み、魅力を伝える動画にしましょう。

・ストーリー性のある動画

コンセプトやメッセージだけを表現した動画は広告色が強くなるので、離脱率を高める恐れがあります。
そこで、ストーリー性のある動画にすることで、不快感なく視聴してもらいやすくなるでしょう。
動画は最初の3秒で7割近く離脱すると言われているので、最初の3秒~5秒でターゲットを惹き込む内容にすることがポイントです。

・ロゴやタグラインを入れる

ブランティング効果を高めるために動画の終盤にロゴやタグラインを提示すると良いでしょう。
タグラインとは企業や商品・サービスのコンセプトを短い言葉で表現したものです。
キャッチコピーのようにキャンペーンごとに変わっていくものとは違い、その言葉を聞いて企業や商品・サービスが連想できるほどインパクトのあるものにしなければなりません。
視聴者の印象に残りやすい言葉を考えることが大切ですが、宣伝っぽくなり過ぎないようにしましょう。

■掲載メディアやファイル形式、フォーマットを決める

制作する動画をどのメディアに公開するのかも事前に決めなければならないポイントです。
例えば、YouTubeを掲載メディアにする場合、一般的な動画のようにアップロードするのか、それともTrueView広告として公開するのかによっても適切なフォーマットが異なります。
また、掲載メディアによって使用できるファイル形式や推奨されているファイル形式も違うので、その点もしっかり確認しておきましょう。

■動画制作で覚えておきたい用語

動画制作では動画のフォーマットを決めるにあたり、様々な用語が出てきます。
中でも覚えておきたいのが、「画面解像度」、「フレームレート」、「ビットレート」です。これらは動画の画質やファイルサイズに関わるもので、掲載メディアに適した動画フォーマットを設定することが大切です。

■画面解像度

動画の縦横のピクセル数を画面解像度と呼び、動画の画質を左右するものです。
この画面解像度の数値が高いほど動画をたくさんのピクセルで描写するので、高画質で表示することができます。代表的な画面解像度は次にものがあります。

・240p(427×240)

・360p(640×360)

・480p(720×480)

・720p(1280×720)

・1080p(1920×1080)

・2160p(3840×2160)

480pはDVDの画質と同等、720pならハイビジョン画質(HD)、1080pはフルハイビジョン画質(フルHD)、2160pが4Kの画面解像度になります。
一般的な動画に用いられる数値は360pから1080pあたりで、それ以下は画質が悪く見えづらく、高すぎれば再生可能な端末が限定される可能性があるでしょう。

また、高解像度の動画はファイルサイズも大きくなるので、視聴する時の動画データの転送が遅くなり、快適に視聴できず離脱率にも影響することがあります。
なので、動画の用途に応じて最高画質にこだわらず、快適に視聴できる画面解像度を決めましょう。
動画はパソコンだけではなくスマートフォンやタブレットで視聴するケースも増えているので、それぞれの端末で再生する配慮も必要です。

■フレームレート

動画は1秒間に複数のコマを動かして形成されており、フレームとはそのコマのことです。
そして、1秒間のコマ数を決めることをフレームレートと呼び、動画フォーマットでは「fps」や「f/s」の単位で記載されます。

フレームレートもフレーム数が多いほどなめらかな動きを表示することができます。
映画やテレビなど一般的なメディアの場合、地上デジタル放送なら29.97fps、映画では24fpsで設定されています。
しかし、国によってフレームレートにやや違いがあるので、統一されているわけではありません。

インターネット動画はフレーム基準が特にないので、動画に合わせて設定することが可能です。
例えば、スポーツやカーアクションなど激しい動きをなめらかに見せる場合は、高いフレームレートを設定すれば、理想的な動きの映像となるでしょう。

ただ、フレームレートは高くしすぎると画質が劣化したり、ファイルサイズが大きくなったりします。
1秒あたり30fpsと60fpsの動画がそれぞれ10秒で20MBだった場合、1秒あたりのファイルサイズは2MBです。この2MBをそれぞれのフレームレートで割ると、30 fpsは1フレームあたり約70kb、60 fpsは1フレームあたり約35kbとなります。60 fpsは1コマあたりを少ない容量で表示するので、30 fpsよりも画質が悪くなってしまうのです。

動画を表示する端末によってもコマ数に上限があるので、最大でも60 fpsにしておくのが無難です。
一般的な動画ならテレビと同じく30 fpsが最適で、あまり動きがない動画なら20 fpsに下げても問題なく、逆に解像度を上げたりファイルサイズを減らしたりするのも良いでしょう。

■ビットレート

ビットレートはbpsと表記されており、1秒間にどのくらいのデータ量で作成されているのか表すものです。
一般的に1バイトあたり8bitなので、1Mbpsの動画なら8bitで割ると1秒間に0.125MBとなります。これが1分間動画なら7.5MBです。

このビットレートが高いほど各ピクセルに正確な色情報を伝えられるので、高画質な動画を映すことができます。
しかし、これも画面解像度やフレームレートと同じく高ければ高いほどファイルサイズが大きくなるので、データ転送の遅延やモバイル通信での通信だとデータ通信量を減らす原因となってしまいます。
コンテンツに応じて適切な数値を設定しましょう。

■自社制作と外注のどっちが良い?

高性能の機材やソフトが数々登場しているので、動画制作会社に依頼しなくても個人で動画を制作することは可能です。
外注と比べてコストがかかりにくく、満足するまで修正ができます。
また、いくつも動画を作成し、比較して良い動画を公開することもできるでしょう。

しかし、デメリットとして、

・機材やソフトを使いこなせず、編集にかなりの時間がかかる

・知識や技術不足でなかなか理想的な動画にならない

・機材などの初期費用がかかる

といったことが挙げられます。
企業の動画はクオリティを重視されるので、高クオリティの動画を制作するにはたくさんの知識や技術が必要です。

■動画制作会社なら高品質な動画制作を実現するプロがいる

高品質な動画を制作するなら、やはり動画制作会社を頼った方が良いでしょう。
動画制作会社には動画に熟知したプロデューサーやクリエイターがおり、限られた予算や納期でも最大限のマーケティング効果を引き出してくれる動画を制作してくれます。

プロデューサーは動画制作をする上で重要な人物であり、クライアントの意図を汲み取り、またクリエイターの質を見極めて人選し、クライアントの望む動画制作の進行を指揮します。
クリエイターはクライアントが目指す動画を制作しなければならないので、テーマや商品などの知識・実績を持つクリエイターが担当し、効果的な動画を制作していきます。

■動画制作の流れ

初めて動画を制作するとなると、どのよう流れで動画制作が行われるのか知りたい方もいらっしゃるかと思います。
依頼をする前に、動画制作の基本を押さえておきましょう。

・企画

まずはどんな動画を制作したいか企画立案を出すところから始めます。
動画制作会社に依頼すれば、社内プロデューサーやディレクター、クリエイター、シナリオライターが企画立案をしてくれます。

その際、主に伝えるのは動画の制作意図や目的、掲載するメディア、制作予算、参考動画、希望する動画時間です。
動画は掲載メディアによってシナリオは変化し、動画の質を左右するのでターゲティングをしっかり行いましょう。

・工程、制作管理

依頼内容をヒアリングや打ち合わせのあと、企画の提案やシナリオを作成し、大枠の規格や構成、デザインの方向性などを確認した上で正式に発注されます。
企画にあわせてキャスティングやロケーションなどを決める撮影準備からはじまり、撮影や画像やアニメーションの作成、BGMの選曲など制作工程を進めていきます。

動画に必要な素材が集まったら企画に沿って編集が行われ、完成後は依頼者と納品前に映像チェックします。
必要であれば最終的な修正を行うことが可能です。
最終確認が了承されれば希望の形式で納品となります。

■実績豊富なGJCで動画制作

動画制作を行っているGJCは、3000社以上の制作実績を持ちます。
その中には大手企業も動画制作を依頼しており、業界も多種多様で幅広い内容に対応しています。
顧客満足度は96%と高評価を受けているので、高クオリティな動画に期待できるでしょう。
なぜ、GJCが多くの企業に選ばれているのか、GJCの特徴を見ていきます。

・レスポンス体制で素早い対応

GJCは打ち合わせから撮影まで全国に対応しており、対応はレスポンス体制を心がけています。
電話やメール、スカイプなどを通じてテンポよくコミュニケーションが可能なので、スムーズな動画制作が可能です。
また、メールは24時間以内に返信されるので安心です。

・安価で高品質な動画制作が可能

動画制作会社を選ぶ時に料金から選び企業も多いと思いますが、GJCは業界相場の半分の料金で動画制作を行っています。
その理由は、全国にいる現地スタッフが打ち合わせや撮影を行い、編集のみを九州で行っているので、コストを軽減することができるのです。
また、各分野のスタッフが得意分野に絞って作業を行うので、その点もコストダウンにつながっており、さらに効率の良い作業で納期も他社の半分ほどで済みます。
演出もプロのライターが目的に合わせて台本を考えるので、安価かつ高品質な動画に仕上がります。

・マーケティングに強い動画を制作

GJCでは効果的なマーケティング動画を制作するため、60業種以上のビジネスを学んでいます。
そこから学んだ最新マーケティングやセールス手法を動画にも反映し、クライアントの希望に適した動画の提供が可能です。

・修正が無料

多くの動画制作会社は修正に高額な追加料金がかかりますが、品質に自信を持つGJCは基本的に無料で修正に対応しているので安心です。
微調整であってもクライアントが満足するまで追求していきます。

動画を活用したマーケティングは動画視聴が多い現代にぴったりな手法です。
しかし、動画を活用する目的にあった動画でなければ、一定の効果を得ることは難しいと言えます。

マーケティングに強い動画を制作してくれるGJCなら、個人で制作するのが難しい高クオリティな動画を豊富な実績や優れた技術で制作してくれるので、企業のマーケティングに大きく貢献してくれることでしょう。
ご紹介した基礎知識を理解し、GJCで動画制作を検討してみてはいかがでしょうか。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>